人気ブログランキング |

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798

<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

八雲教室の勉強会

明日は、八雲教室があります。そして、毎月第三水曜日は実技クラスが終わった後、『インドの叡智』を使っての勉強会があります。

現在、「第3部・近代インドとヨーガ」に入っていますが、その中心的な内容は、ラーマクリシュナ、ヴィヴェーカーナンダ、ラーマナ・マハーリシ、オーロビンド、クリシュナムルティ、シヴァーナンダなどの聖者の紹介です。
先月はラーマクリシュナの愛弟子スヴァーミー・ヴィヴェーカーナンダの生涯と思想を学びました。
第3部で取り上げた聖者たちの中でも、ヴィヴェーカーナンダは大好きな聖者の一人です。わずか39歳で亡くなってしまいましたが、その行動力は並はずれたものでした。カルマ・ヨーギンといわれる所以です。
ちょうどヴィヴェーカーナンダに夢中になっているとき、わたし自身も30代後半で、どうして同じ年齢なのにこのような活動ができるのか感動し、その生き方に圧倒されたのを覚えています。

1977年、初めてインドに行ったときにコルカタ(当時はカルカッタ)のラーマクリシュナ・ミッション本部を訪れ、お墓参りができたことはわたしにとってたいへんな思いでとなっています。
師ラーマクリシュナとヴィヴェーカーナンダとの出会いとその後の関係は、まるで小説のようにドラマチックなものです。いくつかの本が出ていますので、興味のある価値はぜひご覧になってください。

ヴィヴェーカーナンダは、39年間をエネルギッシュに生きてその人生を閉じましたが、彼の人生の39年間以上、どこにも行かずにただ一か所にずって居続けたのがラーマナ・マハーリシです。ラーマナ・マハーリシは71歳で亡くなりますが、そのほとんどを南インドのアルナーチャラという聖なる山ですごしました。

さて、明日の八雲教室では、シュリー・オーロビンドやクリシュナムルティを紹介します。この二人はラーマクリシュナやヴィヴェーカーナンダやラーマナ・マハーリシとは全く異なった人生を歩みます。
そして、第3部の最後に取り上げるのが、わたしの大好きなスヴァーミー・シヴァーナンダで、シヴァーナンダさんの生涯は『インドの叡智』ではなく、もっと詳しく学べる『シヴァーナンダ・ヨーガ』を使いたいと思います。

八雲教室の勉強会は、毎月第三水曜日、午後12時から13時半です。
by preman9798 | 2008-10-14 14:36

Y.L.S.

昨日はY.L.S.の10月の勉強会がありました。
16時から始まるのですが、わたしはいつも14時半に家を出ます。
わたしの住んでいる板橋区蓮根が不便なせいでしょうか、都内の教室に行くのにどこも一時間はかかります。Y.L.S.の会場になっている代々木八幡も、やはり一時間はかかります。

わたしが会場に着くと、間もなくM.AさんとT.Nさんが来ました。お二人には、初めから受付や事務的なことをしていただいています。
開始時間が近くなると、次々と参加者の皆さんが部屋に。中には遠いところからきて下さっている人もいます。

授業は、前半の二時間が実技、後半の一時間半が学習となっています。わたしの悪い癖で、なかなか時間通りに終わったためしがありません。その点はたいへん申し訳なく思っています。
これから気をつけたいと思います。といっても、何十年も直らないのだから無理でしょうね。みなさん、あきらめてください。

昨日は実技の前に、前回学んだアシュターンガ・ヨーガのヤマの続きと「不飲酒戒=お酒を飲んではいけないという戒め」について話をしました。
「不飲酒戒」の話は、遠く静岡県三島から来てくださっているK.Tさんからのリクエストです。K.Tさんは、お酒の苦手なわたしと異なり、どうもお酒がお好きなようで、ヨーガの実践に反しないか心配されていたのです。

続いて前回のヤマに続いてニヤマの話をし、さらに資料を使ってわたしの大好きなサティヤーナンダの講演録を読みました。サティヤーナンダさんの講演録はとても面白いので、しばらく続けようと思っています。
実技はジャーヌ・シールシャ・アーサナやアルダ・マッチェーンドラ・アーサナやパドマ・アーサナ、さらにマッチェーンドラ・アーサナにも挑戦しました。

後半の学習はギーターの続き、13章からです。14章はトリ・グナの話で、なかなか面白いところです。
あと、数回でギーターも終わる予定です。次は何を学ぼうか、そろそろ考えなくてはなりません。
『ヨーガ・スートラ』か『ハタ・ヨーガ・プディーピカー』か。
サティヤーナンダさんの資料を使っての勉強か。
まだ眼を通してくれていない人には『インドの叡智』も学んでほしいと思っています。

授業が終わった後は、懇親会です。K.Tさんの出番です。
いつも、駅の近くにあるお店「K」に入ります。わたしのお気に入りなのです。そう思うのはわたしだけなのかも知れませんが、このお店はなんとなく落ち着くのです。
本当はインテグラル・ヨーガの千葉麗子さんもご一緒するはずだったのですが、風邪のため、また今度ということに。

授業よりも、ヨーガの話で盛り上がるのが懇親会です。授業中はなかなか質問も出ませんが、懇親会では気楽な雰囲気のせいでしょうか、質問もたくさん出ます。
わざわざ無礼講でいこうなどと言わなくても、少し経つと、先生も生徒も、先輩も後輩も、男も女も関係なくなります。
わたしにとってもY.L.S.が終わった後のこの懇親会は、いつもとても楽しみにしている時間なのです。

あ~。さっき「不飲酒戒」を学習したばかりなのに、早々に戒を破ってしまいました。
by preman9798 | 2008-10-12 10:59

温泉

ヨーガとはまったく関係ありませんが、今日、温泉に行って来ました。温泉といっても泊まりではなく、近くにある日帰り温泉です。
最近、家の回りにこのような日帰り温泉が何軒かできたのですが、用事があり近くまで行ったついでその中の一軒に入ってみました。

大きな施設の中はジェット・バス、電気風呂、サウナ、露天風呂などいろいろな種類のお風呂がありました。平日の午前中ということもあり、ガラガラだったので片っぱしから入ってみることにしました。
よい天気だったので露天風呂で文庫本を読むこともできました。自分でもお風呂に行ってまでも本を読む必要はないと思いましたが、話し相手もいないので仕方がありません。
平日の朝からこんな温泉に入るなんて、わたしも偉くなったものです。

本当ならば湯あがりにビールを一杯といきたいところですが、今夜は渋谷の教室がありますので飲むことはできません。昔懐かしい、ぶ厚い牛乳瓶に入った「コーヒー牛乳」を飲んで我慢です。


一年に三、四回なのですが、ときどき信州は岡谷に行きます。わたしの古くからの生徒の一人が岡谷でヨーガを教えていて、わたしを呼んでくれて、土・日とミニセミナーを開いているのです。もうすでに10年近く、回数も25、6回目にもなるでしょうか。
セミナー自体は土曜日で終わるのですが、終わった後は岡谷のみなんとの懇親会があり、その日は上諏訪温泉に泊って来るのが習慣になっています。
今までも、東京の生徒たちを連れて行ったことが何回かありました。みんなで「あずさ号」に乗っての信州はちょっとした旅行気分で、よい思い出になっています。

ぜひ今度皆さんもご一緒しませんか。信州はお蕎麦も美味しいですよ。大きな声では言えませんが、日本酒も美味しいです。
すみません! つい本音が出てしまいました。
わたしがお誘いしているのは旅行ではなく、ヨーガ・セミナーでした。


夜、渋谷の教室に。今までは恵比寿の「新橋区民会館」を使わせてもらっていたのですが、会館が古くなり、建て直しのためしばらく閉館になってしまったのです。
そのため、先月あたりから「氷川区民会館」を使用しての授業です。「氷川区民会館」は渋谷と恵比寿のちょうど中間にあり、どちらの駅から歩いても10数分のところにあります。

そしてここは、珍しく男の生徒のいる教室なのです。Y.L.S.を手伝ってもらっているM.Mさん、海外赴任の経験豊富なサラリーマンのM.Hさん、リシケーシに長いこと居たというK.Nさん。
なぜかこの三人が、あまり広くない教室のわたしの目の前に坐るのです。女性たちはその後ろです。
女性陣もどこか個性的で、みなさん美人揃いです(コリゴリ…何の音だ?)。ほんとうにみなさん美人です! 嘘ではありません! 別に、むきになっている訳ではありません! 絶対に本当です。

恵比寿で教室をしていた時は授業が終わると、必ず「ふじ井」といううどん屋に寄っていました。
もう顔なじみで、お店の主人がわたしたちのために席を空けておいてくれるのです。お通しもサービスでした。時にはお菓子や果物まで出てくることもありました。賄いの残りを出してくれることもありました。
渋谷教室になって、まだそのようなお店が見つかっておりません。
どこかよいお店をご存知の方はご一報を。
by preman9798 | 2008-10-10 23:46

吉祥寺教室

毎週木曜日3:00~4:30は、吉祥寺教室があります。
マンションの一階の貸教室です。
他の教室は和室なのですが、ここだけは洋室なので敷物を敷きます。

この吉祥寺教室のK.S君が来週から二か月ほど、インドに行きます。
桑原君が教室に来てくれたのはもう三、四年も前になりますが、今時の青年には珍しく、礼儀正しくとても真面目です。

まずはリシケーシに行き、K.Aさんの「マンガラン・ヨーガ・ピート」に宿泊し、その後シヴァーナンダ・アーシュラムに一週間ほど滞在する予定です。
「マンガラン・ヨーガ・ピート」には、わたしの友人でもあるスヴァーミー・ヴィシュヴァルーパーナンダという素晴らしいヨーガの先生がいます。
K.S君もスヴァーミージーから何かを学んでくれたらと思います。

リシケーシを出た後、ベナレス、ブッダガヤと回り、最後はコルカタのマザーテレサの修道会に行きたいというのが彼の希望です。
でも、インドのことですから、旅先でどんなアクシデントや出会いが待っているかわかりません。
K.S君にはいつまでも思い出に残る、楽しい旅をしてきてほしいと思います。

そういえば、わたしが最初にインドに行ったときも、ちょうど彼と同じくらいの歳でした。

さあ、インドを思い出しながら「わたしの初めてのインド」を書かなくちゃ。
by preman9798 | 2008-10-09 20:21

八雲教室

今日は、八雲教室がありました。
八雲教室は、東急東横線「都立大駅」から徒歩6分、「八雲住区センター」にあります。
もう始めてから十年近くになるでしょうか。

この教室は、わたしのところで十数年もヨーガを学んでくれている川田さんというベテランさんが世話人をしてくださっています。川田さはとてもおっとりとしている方で、お会いした人みんながなぜかホッとします。

川田さんの他にも、手計さんという若い生徒さんも熱心に学んでくださっています。
また、SさんやYさんという超ベテランの生徒さんが来てくださっています。お二人は二十年以上もわたしと一緒にヨーガを学んでくださっています。
みなさんは、正直言って年齢からしても、難しいアーサナはできません。しかし、わたし自身、八雲教室で皆さんにお会いすると、とても落ち着くのです。
八雲教室は、ヨーガは決して実技だけではないということをわからせてくれるクラスです。

八雲教室の生徒の皆さんはとても穏やかな性格で、新しく入った生徒さんに、自然と話しかけてくれます。
わたし自身は何も言わないのですが、みなさんが自然と入ったばかりの生徒さんに話かけてくれるのです。

わたしは八雲教室の生徒さんたちを誇りに思っています。だれも難しいアーサナはできませんが、とてもヨーガ的です。

千葉麗子さんもこの教室で学んでくれました。その後の千葉さんの活躍を拝見すると、正解だったような気がします。
どうぞみなさん、この穏やかな雰囲気の八雲教室にいらしてください。


●毎週水曜日・午前10:00~11:30。
●八雲住区センター
by preman9798 | 2008-10-08 17:18

Y.L.S.のお知らせ

10月11日(土)、Y.L.S.の授業があります。

【実技】
実技のレッスンではありますが、前回のヤマの話に続き、今回はニヤマの話をしたいと思います。
そして、わたしの尊敬するスヴァーミー・サティヤーナンダの講演録を資料として、サーダナについて話をしたいと思っています。この資料は、これからの皆さんのヨーガ生活にとても参考になると信じています。
実技は、アルダ・マっチェーンドラ・アーサナやジャーヌ・シールシャ・アーサナ、ナーディー・ショーダナを中心に学びます。

【学習】
『バガヴァッド・ギーター』は13章を購読します。


11月のY.L.S.ですが、いつものように第二土曜日(8日)を予定しておりましたが、総選挙の日程が定まらず、会場が取れないでいます。
総選挙が11月9日(第二日)でなければ、11月8日(第二土)に行ないたいと思っています。

なお、12月は20日(第三土)を予定しております。
12月6日(第一土)、並びに13日(第二土)はキールタンを行ないます。
詳しくは後日お知らせいたしますので、ぜひ皆様のご参加をお持ちしております。

11月12月の日程につきましては、皆様にご迷惑をおかけ致し、たいへん申し訳ございません。
by preman9798 | 2008-10-07 20:16

ヨガフェスタ・2

ヨガフェスタ・1の続き

ヨーガ・サンガティのパンフレットも出来、楽器は守屋さんが車で運んでくれることになりました。
わたしの「サット・サンガ&キールタン」のレッスンに何人ぐらい参加者してくださるのかわかりませんが、キールタンの歌詞カードも70部くらい用意しました。

前の二日間は天気だったのに、最終日となる当日(9月21日)は朝からものすごい雨でした。
車でなかったら、この雨の中を楽器をもって横浜までは行けません。
わたしの出番は3時30分からですが、この大雨と交通事情を考慮して、余裕をもってお昼頃に板橋区の家を出ました。
しかし、高速道路はガラガラで、1時前には会場のある「パシフィコ横浜」に着いてしまいました。
近くにファミレスを探したのですが見つからず、結局早めに会場に入ることに。

会場になっている「会議センター」に入ると、ヨーガ・マットを背負った若い人たちが往来していました。
旅行会社大陸旅遊の谷奥さんにも会いました。きっと関係のある人が大勢出演しているのでしょう。
お揃いのTシャツを着た「ヨガフェスタ」スタッフに講師控室の場所を聞き、そこに楽器を置かせてもらうと、喫茶店で時間をつぶすことにしました。

しかし、これがあとで千葉麗子さんに叱られることに。早く着いたならば、どうしてレッスンに顔を見せてくれなかったのかと…。
たしかに、レッスンをのぞいてみようかなと思ったことは思ったのですが、レッスンの途中で入ったのでは失礼だと思ったし、入口にはスタッフがいるので入りづらかったのです。

講師控室では代々木の「アンダー・ザ・ライト・ヨガ・スクール」の鈴木まゆみさんに会いました。鈴木さんも今回が初めての出演ということで、レッスン用にと立派なテキストを用意されていました。お互いに頑張りましょう。

3時に、会場となっている401号室に。ちょうど、前の時間のレッスンが終わったのか、ぞろぞろと受講者たちが出てきました。
前のレッスンは実技ではなく、講義だったようで、机が並べてありましてた。ちょうど入れ替わる時に、愛知学院大学の伊藤雅之という先生から挨拶をされ、わたしの『インドの叡智』を褒めていただきました。

スタッフの人たちに机や椅子を片付けてもらい、床に直に坐るようにしました。キールタンは椅子に坐ってでは雰囲気が出ません。やはりインドのように床に直接坐らないと。
ハーモニュームや太鼓の準備をしていると、何人かの女性が入って来ました。どうも、初めてお会いする方たちのようです。これで、一人も参加者がいない、という心配はなくなり、少しホッとしました。

参加者の中にはわたしの生徒さんの顔も見られますが、ほとんどが初めてお会いする人たちのようです。千葉麗子さんやインテグラル・ヨーガのインストラクターたちも応援に駆けつけてくれました。

予定通り、前半の1時間をエピソードを交えながらシヴァーナンダさんの生涯を話しました。そして、残りの30分をキールタンに当てました。時間通りに行くなんて、わたしにしては奇跡に近い出来事です。
キールタンもおおむね成功したと思います。実は、今までいろいろな場所で、さまざまな環境のところでキールタンを行なってきましたが、うまくいったことはほとんどありません。
それが、ここでは大変うまくいきました。キールタンは初めという人が多かったようですが、最後のほうは、みなさん大きな声で歌ってくれました。

キールタンではよく使う太鼓やマンジーラという小さなシンバルを皆さんにお願いしました。これら楽器には興味を持ってくださった人がたくさんいたようで、終わった後、関心のある人には実際に触れたり、音を出してもらったりしました。

わたしもあまり間違えることなくハーモニュームを弾くことができたようです。途中、2曲ほど千葉麗子さんが歌ってくれました。

「サット・サンガ&キールタン」が気持ちよく終わることが出来、応援してくださった皆さんに感謝です。そして、グルデーヴ・シヴァーナンダさんありがとうご゜ざいました!
そしてなによりも、雨の中を楽器を運んでくれ、いろいろと手伝いをしてくれた守屋さんにはたいへん感謝しています。

終わった後、インテグラル・ヨーガの人たちと打ち上げです。千葉麗子さんにすっかりごちそうになってしまいました。ありがとうございました。
帰りは守屋さんの車にみんなで乗りひとりひとり適当なところで降ろして行ってもらうことに。途中の車内の賑やかなこと、まるで遠足のようでした。

あれほど降っていた雨も、帰りはすっかり止んでいました。

ハリオーム タット サット!
by preman9798 | 2008-10-07 15:54

ヨガフェスタ・1

先日(9月19日~21日)、横浜で行なわれた「ヨガフェスタ」というヨーガの集まりに行ってきました。
面白いのは、タイトルがヨガと表記されたり、中身がヨーガと表記されていたり、皆さんはあまり気にならないようです。

「ヨガフェスタ」は数年前から一年に一回行われているのですが、今年はわたしの弟子でもあるインテグラル・ヨーガのインストラクター千葉麗子さんから話があり、出演することになったのです。

その際に、千葉さんからパンフレットに乗せる顔写真が必要だと言われたのですが、自分の顔の写真なんかありません。
なんとか自分で撮ったのはよいのですが、たいへんな人相になってしまいました。いわゆる「指名手配」写真です。
後で、出来上がったパンフレットを見たときには自分自身驚きました。というより悲しくなりました。他の先生方の写真はみんなにっこりとほほ笑んでいます。
パンフレットだけを見たら、だれもわたしの授業に参加したいとは思わないでしょう。

そのパンフレットの講師一覧表を見ると、実にいろいろな先生方が講師として出ています。
中には昔からの知り合いの先生もいらっしゃいますが、ほとんどが初めて名前を聞くような若い先生方ばかりでした。

今まで一回きりのイベント的なヨーガはあまり行なったことがないので、はじめ何をしたらよいかとても迷いました。
パンフレットを見るとアーサナなどの実技が多いので、ここはわたしの大好きなスヴァーミー・シヴァーナンダさんの話とキールタンを行うことにしました。
タイトルの名前は「サット・サンガ&キールタン」です。
ヨーガを学ぶ若い人たちにどれだけ受け入れられるだろうか、という心配もありましたが、やはり自分の一番好きなことを伝えるのがよいと思ったからです。

偶然、ヨーガ・サンガティやY.L.S.の仲間たちとキールタンの練習を二回ほどしたばかりです。
大好きなシヴァーナンダさんの話のほうは何も準備など要りません。しゃべりだしたら、いくらでも出てきます。
シヴァーナンダさんのことを一人でも多くの人に知ってもらいたいということは、最初のインド旅行のときに誓ったことです。
ただ、シヴァーナンダさんの話になると自分自身興奮して涙ぐんでしまうことがあり、それがちょっと不安でした。いい歳をした人間が若い人たちの前で涙を見せるわけにはいきません。

時間は一時間半ということなので、最初の一時間をシヴァーナンダさんの話、あとの30分をキールタンということにしました。
いつもヨーガのレッスンが長くなってしまう私にとっては注意が必要です。尻切れになったり、あわただしく終わったのでは、キールタンの良さが伝わりません。

キールタンには、ハーモニュームや太鼓などの楽器が必要です。これらの重い楽器を横浜まで持って行かなくてはなりません。
はじめ、千葉さんが車で運びますと言ってくれたのですが、千葉さん自身、「ヨガフェスタ」でのレッスンがあるますし、遠いところからわざわざ来てもらうのはかわいそうです。
楽器の運搬は同じ板橋区に住んでいる守屋雅彦さんにお願いすることにしました。
守屋さんは以前代官山で行なったわたしの養成コースを卒業してくれ、今はY.L.S.の世話人をしてくれています。また、これを言うと本人は怒るのです、カラオケではわたしの前座をしています。

そして、せっかく「ヨガフェスタ」に出るのなら、ヨーガ・サンガティのパンフレットを作ろうということになりました。
最初、白黒のコピーで作ってみたのですが、ピンときません。そこであまり時間の余裕がなかったのですが、渋谷教室に来てくださっているデザイナーの小澤さんにお願いしました。小澤さんは限られた時間の中で、とてもきれいなパンフレットを作ってくれました。

これで準備は整いました。
わたしの出番は最終日21日の3時半からです。
よい天気になってくれるとよいのですが。
by preman9798 | 2008-10-06 15:12

インド

わたしが初めてインドに行ったのは、1977年11月2日でした。もう、三十年以上も前のことです。
そのせいでしょうか、その後もインドに行くのは10月から11月にかけてが多く、毎年この時期が近くなると妙に落ち着かなくなってきます。

この季節の北インドは乾期でほとんど雨も降らず、日中は暖かく、リシケーシを流れるガンガーはとてもきれいです。

わたし自身は残念ながら今年はインドにいけませんが、わたしのヨーガ教室の生徒たちが次々と行く予定を立てています。少しうらやましいです…。
みんなインドを楽しんできてください。

今年の秋は、今までのインド滞在を思い出しながらおとなしく過ごすことにします。

わたしが初めて行ったインド旅行のことを、「わたしの初めてのインド」というタイトルでY.L.S.のメーリング・リストから配信しています。
よろしかったらリストに登録をして、ぜひご覧になってください。
by preman9798 | 2008-10-06 13:34

はじめまして。

はじめまして。成瀬と申します。

わたしは、ヨーガ・サンガティというヨーガのグループと
Y.L.S.(ヨーガ・ライフ・ソサエティ)という勉強会でヨーガを学んでいます。

これから、長年学んできたヨーガについて、大好きなインドやリシケーシについて、
思いつくままを書いてみたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
by preman9798 | 2008-10-04 19:58