人気ブログランキング |

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2014年 08月 25日 ( 1 )

8月の三島

23(土)、24(日)と三島に行ってきました。
12:56東京発の「こだま」号、相変わらず空いています。
いつも東京駅の中の大きな駅弁屋さんで駅弁を買うのですが、
肉を使った駅弁がとても多いような気がします。
「仙台の~肉丼」、「山形の~肉弁当」などなど。
しかし、今回買った「さけといくら弁当」は塩っぱかったなぁ!

K.N.さんに三島駅まで迎えに来てもらい、ヨーガ・スペース・ビーシャには14:30に到着。
15:00からは『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の第2章の第一回目の授業です。
第2章はプラーナーヤーマ編、とても面白い内容です。
あっという間に終わってしまいました。
皆さん熱心に聞いてくださいました。
前回は90分授業を120分授業と勘違いして、大分オーバーしてしまいましたが、今回は大丈夫。

16:45からは実技。いつも行なっているアーサナです。
やはりアーサナは気持ちが良い。
今回はブジャンガ・アーサナやハラ・アーサナなどのアーサナがメイン。
大勢の参加でスタジオは満員です。
縦に何列、横に何列と考えてヨーガ・マットを敷きます。
狭いので、わたし自身はほとんどアーサナが出来ませんでした。

終わった後は楽しみにしていた懇親会。
今回のお店は初めてです。例によってお店の名前は覚えていません。
魚がメイン。おいしかった。
本当に三島は良いお店がたくさんあります。
チェーン店ではなく、個人経営のお店です。
きっと地元の人がやっているのでしょう。
最後のしめにみんなはおにぎりをオーダー。
わたしは食べなかったので、あとでお腹が空いて困りました。
食べておけばよかった…と後悔。

宿泊は三島大社の近くの小さなビジネスホテル。
明日は午前からの授業なので、早めにベッドに。

翌朝9:00頃にスタジオに。
ホテルからスタジオへは一本道、歩いて10分ていど。
お世辞抜きで、来るたびに三島が好きになります。
決して「うなぎ」がおいしいからだけではありません。
町中にとてもきれいな川が流れています。
さすが富士山のふもと。湧水が豊富なのです。
東京から引っ越して、スペース・ビージャの隣にスタジオでも開くか!


9:00からはワークショップ「ヨーガ・ニドラー」。
なかなか珍しい、とても貴重なテーマです。
あまり知られていませんが、たいへん重要なタントラのテクニックです。
前半はヨーガ・ニドラーとはどういうものかという講義。
後半はヨーガ・ニドラーの実践。
おかげさまで超満員。
ヨーガ・ニドラーはシャヴァ・アーサナの姿勢で行うのですが、
わたしは横になることもできず、ずっと坐りっぱなしでした。

ランチも大勢で近くの採食イタリアン「スパイス」に。
このお店は三回くらい来たことがあります。
女性好みのお店に見えますが、結構、量が多く、いつもお腹がいっぱいになってしまいます。
これはまずいことになってきた。食べているうちにだんだん眠たくなってきてしまいました…。

しかし、授業だけではなく、このように一緒に食事をしたりすると親近感がぐっと増します。
この生徒さんはどういう声で、どのような話し方をするのか、
ヨーガやインドのどういうことに関心を持っているのか、などは授業だけでは分かりません。

13:00からは『インドの叡智』。
今日はアシュターンガ・ヨーガの途中から、『バガヴァッド・ギーター』の途中まで。
なんでいつも区切りが悪いのだろう。
最近、なぜか中途半端な終わり方になってしまいます。
授業ではそのテーマに関連した本の紹介をするのですが、
ビージャにはわたしが紹介したい本が置いてありますので、
わざわざ東京から重たい思いをして持ってくる必要はありません。とても助かります。

わたしはこれで今回の三島でのヨーガは終わりますが、
養成生はこの後加藤先生の授業があります。
加藤先生のレッスンはきびしいからな~。
ナンマンダブ、ナンマンダブ…。


そういえば、代々木八幡からのカラオケの挑戦状をたたきつけたのですが、
89点を出したエースのS.A.さんがこの日は欠席のため、決戦は保留ということに。
代々木八幡のエンターを前に、臆したか三島!
by preman9798 | 2014-08-25 10:33