人気ブログランキング |

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2013年 03月 09日 ( 1 )

ここ一週間

3月2日(土)、喜多見でY.L.S.の定例学習会『ヨーガ・スートラ』、今は第4章を学んでいます。
第4章は短いのであと2回くらいでしょうか。

3月3日(日)、Y.L.S.のワーショップ、今回は実技ではなく、『シヴァーナンダ・ヨーガ』から。
むかし、アーシュラムやインドで撮った写真を見せました。
写真の中には驚くほど若い自分が写っていました。

そして、アーシュラムでくれた「注意書き」や「一日のプログラム」
「サーダナ&タットヴァ」などの資料をコピーして配りました。これらも懐かしい。

4日(月)は池袋教室。昔の仲間たちとのヨーガ。
夜はUTLで『インドの叡智』の学習。

7日(木)、in Style Yoga 千葉スタジオでムワークショップ。千葉ではすでに1月に行っています。今回は7日、14日、21日の計三回です。
前二回と比べると、生徒さんは少しおとなしいような気がしました。
今回は最初からトリャンバカムの早野智子先生が一緒。
いろいろとアシストをお願いしました。

夜は月に一回の池袋のニルヴァーナ・ヨーガ・スタジオでの講義。
こちらも『ヨーガ・スートラ』。
ただ、Y.L.S.よりも少しおくれて始めましたので、まだ第3章を学んでいます。
今はニルヴァーナ・ヨーガ・スタジオを使わせてもらっていますが、
以前は池袋の公民館で『インドの叡智』や『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』
などを勉強していました。




わたしの初めてのインド・35

ほんとうに残り少なくなった貴重なアーシュラム滞在。それなのに、お土産を買いあさる自分がいます。恥ずかしいやら情けないやら。


●アーシュラムの生活
1月12日。
朝5時起床。部屋でヨーガ。6時、お湯を貰いに行き、頭や身体を洗いました。気持ち良い! 
そういえば最後に湯船に浸かったのは、カルカッタのフェアローンホテルです。あとはシャワーか水を浴びるだけでした。こうやってお湯で身体を洗えるなんて、幸せなほうです。

少し冷えてしまったので、「ナーラーヤン」にチャイを飲みに。年中行くので、もうすっかり顔になってしまいました。それにしても、どうしてインドで飲むチャイはこんなにおいしいのでしょうか。
10時にシヴァシャンカラーナンダさんのところでジャパ・ヨーガ。とても面白い。最初は退屈で、教えてもらわなければ良かったと後悔したこともありましたが、最近とても面白くなってきました。

11時、ルピーに両替をしにリシケーシの銀行に行きました。しかし、何かのトラブルがあったのか、デリーに問い合わせるので10日待てとのこと。
わたしが、今すぐルピーが必要なのだというと、それならばデラドンに行けとのこと。仕方がないので12時発のバスでデラドンへ。1時半ころに着き、どうにか間に合いました。インドの銀行が何時から何時までが開いているのかわかりません。下手をすると無駄足になってしまいます。

しかし、インドではたかが両替するのになんでこんなに苦労しなければならないのでしょうか。わざわざ両替するために、バスで1時間半も離れた町に行くなんて、日本では考えられません。
デラドンには「ステート・バンク・オブ・インディア」という大きな銀行がありますが、こんな大きな銀行でも両替に30分もかかりました。でも、「終わり良ければすべて良し」です。これがインドだと思って、イライラしないことです。
今は、リシケーシのような田舎でも、お土産屋さんなどで両替ができますが、昔は両替自体がひと仕事だったのです。両替だけで、半日を要したのです。

両替が済んだので、急いでリシケーシに帰りました。リシケーシのバススタンドにゆで玉子売られていました。インドの他の町では、屋台でゆで玉子やオムレツを売っている風景をよく見かけましたが、リシケーシは聖地なので肉や魚はもちろん玉子も売っているのを見たことがありませんでした。それがバススタンドで売っていたのです。わたしは二個ほど買って食べました。本当に久しぶりの玉子の味でした。

スタンドの近くのチャイ屋さんでわたしの叔父さんにとても良く似た人を見ました。チベット人だと思います。もともとチベット人は日本人に似ていますが、驚くほどわたしの叔父さんにそっくりなのです。
リシケーシの町で甘いお菓子を買い、お土産用にとアーシュラムで「歯磨き粉」と本を買いました。
夕方の瞑想。その帰りにシャンカラーナンダさんのところに寄り、「オーム」を書いてもらった石を受け取り、シヴァーナンダさんの”SURE WAYS for SUCCESS in LIFE and GOD-REALISATION”という本にサインをしてもらいました。

「ナーラーヤン」で夕食。夜のサット・サンガに中山さんが来たので、借りていた20ルピーを返しました。
by preman9798 | 2013-03-09 10:09