人気ブログランキング |

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

わたしとヨーガ・1

ときどき、生徒さんからヨーガを始めたきっかけを聞かれることがあります。
そして、聞かれるたびに話をしてきましたが、ここでもう一度わたし自身、当時を振り返るつもりで書いてみたいと思います。
ただ、わたしのブログはよく長すぎるといわれますので、何回かに分けて書いてみたいと思います。

ヨーガを始める前、わたしは「自律訓練法」というリラックス法を習っていました。「自律訓練法」はドイツのシュルツという博士が考案したもので、椅子などに楽な姿勢で坐り、自己暗示をかけていき身体やと心をリラックスさせる方法です。
今、思うとヨーガ・ニドラーと大変似ている方法ですが、事実シュルツ博士はヨーガからヒントを得たとも言われています。

なぜ、わたしが「自律訓練法」を習っていたかといいますと、恥ずかしい話、わたしは大学受験に二年続けて失敗してしまい、身体も心もボロボロになり相当落ち込んでいたのです。今でいえばネクラ人間、対人恐怖症や不安神経症のようなものだったかもしれません。
わたしはそのような自分の性格が嫌で嫌で、どうしても直さなくてはならないと感じていましたが、20歳では具体的にどうしてよいか分かりません。コンピューターもインターネットもない時代です。情報はほとんどありません。
いろいろな宗教書も読みましたが、何かピンと来ません。
そんなある日、「自律訓練法」という方法があることを知りました。とても科学的で、へんな宗教とも無縁なようです。
そして、わたしは赤羽にある小さなマンションの一室に通い始めました。I.K先生という、とても良い先生でした。
わたしとヨーガとを結び付けてくださった大恩のある先生です。

ある日、「自律訓練法」を教えてくださっていたI先生から、「こんどわたしの知り合いでT.Hという先生がインドのヨーガ(ヨガと言っていましたが)というのを始めるので、成瀬君も一緒に行かないか」とお誘いを受けました。

当時、ヨガと言えばテレビの変人奇人のコーナーに出てくるような、見世物的なものでしかありませんでした。事実、わたし自身ヨーガと聞いたとき、手足をグニャグニャ曲げて小さくなったり、何時間も針の上に坐るようなものを想像しました。
しかも、場所は神田寺というお寺だそうです。寂しい夜のお寺で、わけのわからない修行をさせられている光景がわたしの頭の中に浮かびました。
しかし、もう後戻りはできません。わたしはI先生の車に乗せられ、神田寺に向かいました。
by preman9798 | 2008-11-14 13:07