長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

11月のY.L.S.

昨日(8日)、Y.L.S.の勉強会がありました。急に寒くなったせいか、体調を崩し欠席した生徒も数名いました。みんな大丈夫でしょうか、心配です。

一年間かけて講読してきた『バガヴァッド・ギーター』も来月で終わります。
来年からは『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』を学んでいくことになりました。興味のある方はぜひいらしてください。

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』は6年ほど前に、ヨーガ・サンガティの勉強会で講義をした経験があります。第1章から第3章まで読むのに二年間くらいかかったように記憶しています。

名前の通り、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー(「ハタ・ヨーガの灯」の意味)』はハタ・ヨーガの代表的なテキストといえる教典です。現在、世界中で行なわれているヨーガはハタ・ヨーガが中心です。一度はこの教典に目を通すべきだと思います。
原典はサンスクリット語で書かれていますが、佐保田鶴治博士が日本語に訳されて『ヨーガ根本教典』(平河出版社)というタイトルで出版されています。

来年からのY.L.S.の勉強会では、佐保田博士の訳、カイヴァリャダーマのテキスト、スヴァーミー・サティヤーナンダのテキストなどを使って学んでいきます。
わたしたちが普段教室やスタジオで行なっているアーサナやプラーナーヤーマやムドラーが、教典にどのように説かれているか興味をお持ちの方も多いと思います。

6年前のヨーガ・サンガティの勉強会では、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』と同時に、ヨーガの用語解説集である「ヨーガ事典」も学んだのですが、来年からのY.L.S.の勉強会でも「ヨーガ事典」を学ぶかどうかはまだ決めておりません。
年内に準備を進めていきたいと思っています。

12月6日(第一土)は、八雲教室でキールタンを行ないます。
12月13日(第二土)は、調布の「スタジオB-make」早野智子先生のところで、キールタンを行ないます。
そして、12月20日(第三土)が、Y.L.S.の勉強会です。もちろん、忘年会もあります。

どうぞ皆さん気楽にご参加ください。
[PR]
by preman9798 | 2008-11-09 16:56 | Comments(0)