長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヨガフェスタ・1

先日(9月19日~21日)、横浜で行なわれた「ヨガフェスタ」というヨーガの集まりに行ってきました。
面白いのは、タイトルがヨガと表記されたり、中身がヨーガと表記されていたり、皆さんはあまり気にならないようです。

「ヨガフェスタ」は数年前から一年に一回行われているのですが、今年はわたしの弟子でもあるインテグラル・ヨーガのインストラクター千葉麗子さんから話があり、出演することになったのです。

その際に、千葉さんからパンフレットに乗せる顔写真が必要だと言われたのですが、自分の顔の写真なんかありません。
なんとか自分で撮ったのはよいのですが、たいへんな人相になってしまいました。いわゆる「指名手配」写真です。
後で、出来上がったパンフレットを見たときには自分自身驚きました。というより悲しくなりました。他の先生方の写真はみんなにっこりとほほ笑んでいます。
パンフレットだけを見たら、だれもわたしの授業に参加したいとは思わないでしょう。

そのパンフレットの講師一覧表を見ると、実にいろいろな先生方が講師として出ています。
中には昔からの知り合いの先生もいらっしゃいますが、ほとんどが初めて名前を聞くような若い先生方ばかりでした。

今まで一回きりのイベント的なヨーガはあまり行なったことがないので、はじめ何をしたらよいかとても迷いました。
パンフレットを見るとアーサナなどの実技が多いので、ここはわたしの大好きなスヴァーミー・シヴァーナンダさんの話とキールタンを行うことにしました。
タイトルの名前は「サット・サンガ&キールタン」です。
ヨーガを学ぶ若い人たちにどれだけ受け入れられるだろうか、という心配もありましたが、やはり自分の一番好きなことを伝えるのがよいと思ったからです。

偶然、ヨーガ・サンガティやY.L.S.の仲間たちとキールタンの練習を二回ほどしたばかりです。
大好きなシヴァーナンダさんの話のほうは何も準備など要りません。しゃべりだしたら、いくらでも出てきます。
シヴァーナンダさんのことを一人でも多くの人に知ってもらいたいということは、最初のインド旅行のときに誓ったことです。
ただ、シヴァーナンダさんの話になると自分自身興奮して涙ぐんでしまうことがあり、それがちょっと不安でした。いい歳をした人間が若い人たちの前で涙を見せるわけにはいきません。

時間は一時間半ということなので、最初の一時間をシヴァーナンダさんの話、あとの30分をキールタンということにしました。
いつもヨーガのレッスンが長くなってしまう私にとっては注意が必要です。尻切れになったり、あわただしく終わったのでは、キールタンの良さが伝わりません。

キールタンには、ハーモニュームや太鼓などの楽器が必要です。これらの重い楽器を横浜まで持って行かなくてはなりません。
はじめ、千葉さんが車で運びますと言ってくれたのですが、千葉さん自身、「ヨガフェスタ」でのレッスンがあるますし、遠いところからわざわざ来てもらうのはかわいそうです。
楽器の運搬は同じ板橋区に住んでいる守屋雅彦さんにお願いすることにしました。
守屋さんは以前代官山で行なったわたしの養成コースを卒業してくれ、今はY.L.S.の世話人をしてくれています。また、これを言うと本人は怒るのです、カラオケではわたしの前座をしています。

そして、せっかく「ヨガフェスタ」に出るのなら、ヨーガ・サンガティのパンフレットを作ろうということになりました。
最初、白黒のコピーで作ってみたのですが、ピンときません。そこであまり時間の余裕がなかったのですが、渋谷教室に来てくださっているデザイナーの小澤さんにお願いしました。小澤さんは限られた時間の中で、とてもきれいなパンフレットを作ってくれました。

これで準備は整いました。
わたしの出番は最終日21日の3時半からです。
よい天気になってくれるとよいのですが。
[PR]
Commented by 守屋です at 2008-10-06 19:47 x
先生の名に恥じないよう一生懸命前座を務めさせてもらっています。ただちょっと気が緩むと目立ってしまうので、そこの調整が大変です。座長より目立つようでは前座として失格ですので....。
Commented by 成瀬 at 2008-10-06 20:12 x
言うよね~。
座長より目立ってくれたら、座長としてこんなにうれしいことはないよ。でも、守屋さん。百年早いよ。
それより、小林さんというすごい強敵が出てきましたね。小林さんに先に歌われてしまうと、ちょっと歌いづらくなるね。なんとかとしないと…。練習に行きましょう。
こんど、インテグラル・ヨーガの面々に挑戦状をたたきつけるつもりですが、だれもわたしの相手にはならないでしょう。
Commented by 岡村佐織です at 2008-10-06 21:41 x
成瀬先生、メーリングリストでブログ開設のお知らせを読んで、早速遊びに来てしまいました。ブログ開設おめでとうございます!初めてのインドのメールとあわせてこちらのブログも楽しみにしております。
こちらのブログを読んだら、私の知らない先生のお顔を拝見してしまった感じです(^^)守屋さんが先生のカラオケの前座をされてるなんて(笑)勝手に色々想像してしまいます!私もそうゆう楽しそうな宴会にいつか参加したいです。でも私はその前にしっかりヨーガと向き合う時間を作らなければいけないです・・日々反省ばかりです。今月のYLS講義は息子を預けられず伺えませんが、また次の講義ではよろしくお願いいたします。
Commented by 成瀬 at 2008-10-06 22:10 x
岡村さん、ありがとうございます。
そうですね。ちょっと偉そうな顔をしたヨーガ教室のわたしと、このプログでのわたしとギャップがあるかも知れませんね。
でも、どちらも本当の顔なのですよ。
次回のY.L.S.の欠席は残念ですが、またいらしてくださいね。
そして、よかったらぜひカラオケにご一緒してください。



by preman9798 | 2008-10-06 15:12 | Comments(4)