長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

三島と静岡

28日(土)、Y.L.S.三島校のヨーガ・スペース・ビージャに。
先週は南口で待ち合わせでしたが、今回はいつもの北口です。
喫茶店で一休みしてからK.M.さんと待ち合わせ。
スタジオは駅から車で数分の距離です。
たしか在来線でも一駅の「広小路駅」だったかな?

Y.L.S.の養成コースもいよいよ大詰めです。
実技は今日で終わりです。
「別冊テキスト」を使って、ちょっと難しいアーサナの勉強でした。
きっとみなさんヘトヘトだったと思います。
学習のほうはもう少し続きます。
五人の聖者の紹介をしてからシヴァーナンダさんについてです。

明日は静岡なので、先週と同じ「東横イン」に宿泊です。
なので、これも先週と同じ三島クラスの懇親会。
ただ、今回は「九十九里」というお店に。たしかこのお店は二回目です。
魚のとてもおいしいお店でした。
東京では食事も居酒屋もチェーン店が多いのですが、
地方は地元のおいしいお店がたくさんあります。
これが地方に行った時の楽しみです。
来月は久しぶりに青森県弘前に行きます。
なにかおいしいものを食べたいです。

翌日29日(日)は、静岡のヨーガ・スタジオ「ギュット」さんでワークショップの最終回。
今回はグルについて、そして実習はハタ・ヨーガの瞑想でした。
三島からは「こだま号」で二駅です。
駅には小澤先生が迎えに来てくれます。
やはり、車で数分。
おなじ静岡県でも三島とはまたちょっと違った雰囲気です。

全五回のワークショップは今回で終了してしまいますが、
小澤先生と相談をして今後も何らかの形で継続したいと思っています。
帰りは駅ビルで小澤先生にお寿司をごちそうなってしまいました。


今までブログで配信していた「わたしの初めてのインド」ですが、三島のヨーガ・スペース・ビージャと狛江のトリャンバカム・ヨーガ・センターの機関誌に活字として載せてもらうようにしました。
しかも、ちょっとした用語解説入りです。
インターネットが苦手な人も、ぜひ読んでみてください。




わたしの初めてのインド・49

アジャンタからアウランカバード、そしてエローラ観光です。


●アジャンタからアウランガバードへ
2月4日。
8時15分にアジャンタのバス停からアウランガバード行きのバスが出るというので、三人でそのバスに乗りました。
バスは何もない原っぱを三時間くらい走ると、アウランガバードのバス停に着きました。バス停からトンガに乗り、「ユース・ホステル」に。途中、ロバートは銀行に行くというので、わたしとキャロルが先に行くことになりました。
ドミトリーだと、一人一泊5ルピー。安い割には明るくてきれいです。インドの安宿は安いだけで清潔さは期待できませんが、「ユース・ホステル」や「YMCA」はその点安心できます。
嬉しいことにお湯が出ますので、またも洗濯。暑くてすぐに汗をかくので、洗濯ができるときにはしておかなければなりません。
いよいよエローラに。バス停までは歩いて10分。天気がよく、暑い! 暑い! 
エローラまではバスで一時間くらい。2ルピー15パイサ。エローラはとても大きく、アジャンタの何倍もあります。何もない大地の岩山に仏教、ジャイナ教、ヒンドゥー教の石窟寺院が34並んでいます。説明書によると第1~第12までが仏教窟、第13~第29までがヒンドゥー教窟、そしてやや離れたところにジャイナ教窟の第30~第34があるということです。
とても広範囲にわたっているので、この炎天下に全部観て回ったら日射病になってしまいそうです。
特にヒンドゥー教の16窟の「カイラーサナータ」は素晴らしいものでした。100年くらい掛かり岩山を削って作り上げたということです。どこかから石や岩などの材料を持って来て作ったのではなく、大きな岩山をコツコツと削っていったのです。
外は暑くても、石窟に入ると中はとても涼しく汗が引いて行くのが分かります。シヴァ神や『ラーマーヤナ』を題材にしたものなどヒンドゥー教の彫刻群が面白かった。

ぐずぐずしていたら、アウランガバードに帰るバスがなくなってしまいました。ほとんどの観光客は観光バスをチャーターしてくるので、路線バスなど使わないのです。
ちょっと焦りましたが、親切な若者に会い、彼と一緒にトラックの荷台に乗っけてもらい、アウランガバードまで帰りました。トラックの運転手にしっかりと2ルピー取られましたが…。
途中、運転手がチャイを飲むというので、わたしたちも飲むことに。チャイは若者が御馳走してくれました。
夕食は「ユース・ホステル」で食べました。日本人が何人かいましたが、みんな、わたしと同世代です。中には女性の一人旅という人もいました。ソ連から鉄道で大陸を横断して来たという人もいました。

この「ユース・ホステル」に泊まる予定でしたが、ロバートたちが今夜夜行便でボンベイに行くというので、わたしもローナワラに帰ることにしました。デラックス・バスということですが、普通の長距離バスとそれほど大きな違いはありません。デラックスということで、バス代は60ルピー。高い! それに「ユース・ホステル」に払った5ルピーは帰ってきません。
夜、8時半に「ユース・ホステル」の前から乗りました。一応、リクライニング・シートになっているので、少しは眠れそうです。
ローナワラには朝の4時ころに着くということです。そんな時間に着いても、どこもまだ閉まっているだろうな…。
[PR]
by preman9798 | 2013-09-29 22:20 | Comments(0)