長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ハリオーム!

昨日の狛江の「トリャンバカン・ヨーガ・センター」で勉強会、『インドの叡智』第1部のクライマックスとも言うべき、ウパニシャッドについてでした。

ウパニシャッド文献の中には大切な教えがたくさん説かれていますが、昨日はその中でも特に重要な「ブラフマンとアートマン」について学びました。
ウパニシャッドには「ヨーガ」「プラーナ」「オーム」「輪廻」など、まだまだ大切な教えがたくさんあります。
次回は、これらについてウパニシャッドには何と書かれているかを学びたいと思います。
あれ? 今日のブログはまじめだな…。

さて、6月20日のキールタンに備えて、ハーモニュームでも練習しておこうと思います。
大勢の仲間や生徒たちが来てくれますので、目立っちゃおうと思って、ちょっと特訓です。
参加者も大勢ですが、キールタンを歌う人も大勢です。
わたし以外にも、リシケーシの川崎あき子さん、IYのC.Rさん、「トリャンバカン・ヨーガ・センター」のH.Tさん、今回のこの集いにとても協力してくれたN.Yさん。わたしと一緒に歌うM.Mさん。もしかしたら、Y.M先生も。
まあ、自分の中ではわたしが一番うまいと思っているのですが、それを言うと、生徒のM.Mさんに「ヨーガをしているのに謙虚さがまったくないですね」と叱られます。
成瀬のキールタン、口先だけなのかどうか確かめたい人はぜひ、6月20日の「キールタンの集い」にいらしてください!
でも、大勢の人の前で緊張して間違えてしまったらごめんなさい…。
[PR]
Commented by M.Mです at 2009-05-28 16:46 x
6/20のキールタンは普段ではなかなかない盛上りようになりそうでとても楽しみです。先生も大好きなキールタンとあって、気持ちも高揚されていることと思います。先生はハーモニウムを弾きながら歌われますので、当日はキャリアの違いというのを見せていただけることと思います。ただ恐らく先生もお気付きでない難が1点あるとすれば、先生は気持ちが高揚してくるとご自身の中に入り込んでしまい、リズムがずれてきて、周りと合わなくなる傾向があります。本来、キールタンは心のものなので、その点は逆に素晴らしいとされるべき点なのかもしれませんが、多少、音楽的にも素晴らしい先生のお姿をご披露されたいのならば、完全に入り込まれる手前でご自身を観察できる程度の域で保たれた方が、「おー、さすが成瀬先生のキールタンは美しい!」となるのかなと思います。といっても当日の盛り上がり具合ではそうも行かないかもしれませんね。もし先生があの域に入り込んでしまった時には、終了後にきちんと突っ込ませてもらいます。先生のお姿、楽しみにしています。
Commented by 成瀬 at 2009-05-28 23:47 x
おいおい! Mさんよ。
わたしにキールタンの能書きはいらないぜ!
20日は嫌と言うほど、実力を見せてやる。
まあ、上がらなければだけどね…。
そして、ハーモニュームで指がつらなければだけど…。

そっちこそ、「オーム ナマ シヴァーヤ」、お荷物にならず付いてこれるように練習しときなよ!
Commented by MMです at 2009-05-29 12:26 x
先生の素晴らしいリズム感においていかれないようにしっかりとしがみ付いていきたいと思います。
by preman9798 | 2009-05-26 13:06 | Comments(3)