「ほっ」と。キャンペーン

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年最後の教室

21日(金)は、Y.L.S.の養成コースの卒業式でした。
トリャンバカムの早野先生が演出してくれて、とても印象的な卒業式になりました。
前回、卒業生たちにインドで買った簡単なものをプレゼントしたので、
今回もと思ったのですが、しばらくインドに行っていないのでなにもありません。
それで、昔買った「神様の絵」を持って行きました。
カラーコピーではなく、インドで買った本物です。
ガネーシャ、シヴァ、ラクシュミーなどなど…。
日本ではなかなか手に入りません。
楽しいだけではありません。通信簿もあります。総評や個人の成績などです。
これからが本当のヨーガの勉強です。
卒業生はやっとスタートラインに立ったようなものです。
立派なインストラクターになってください!

帰り、名古屋から来てくれた榊原さんと新宿で立ち飲み。
とても熱心です。ぜひ名古屋でY.L.S.のインドの伝統的なヨーガを広めてほしいと思います。


23日(日)は高円寺のシヴァーナンダ・センターで今年最後の学習。
『インドの叡智』が終わったので『シヴァーナンダ・ヨーガ』を読んでいます。
これを読んでいると、どうしてもリシケーシのアーシュラムを思い出してしまいます。
ちょっと感傷的になり、涙が出そうになるときがあります。
ずっと定期的に行っていたシヴァーナンダ・センターでの学習も、
来年からは月に一回程度のワークショップになります。
しばらくは『シヴァーナンダ・ヨーガ』が続きます。


26日(水)、今年最後の八雲教室がありました。
先週に引き続き、Y.F.さんが六カ月の赤ちゃんを連れて参加してくれました。
とてもおとなしい赤ちゃんで、まだ這い這いもできないので、みんなの邪魔にもなりません。
座布団を敷いた上でじっとしていました。
来年はM.I.さんも赤ちゃんを連れて参加とのこと。
八雲教室、保育園の先生が必要になりそうです…。


そして、今日は狛江の人たちとカラオケ忘年会。
お世話になった人たちです。
なにを歌おうかな…。
[PR]
by preman9798 | 2012-12-28 09:27 | Comments(0)
16日(日)は、名古屋でワークショップ〈身体で読み解く『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』〉がありました。
熱い男、榊原さんの力です。
ワークショップは午後からなので、10時発の新幹線で十分間に合います。
「のぞみ号」は速い。東京駅から2時間弱で名古屋です。
もう何回名古屋に来たのだろう…。
前回のワークショップは台風のまっただ中でした。
新幹線が止まってしまい、東京に帰ることができませんでしたが、
それでも生徒さんは参加してくださいました。

今回の天気は正反対。晴れて暖かくとても気持ちよい。
駅で榊原さんと待ち合わせ、豊橋から応援に来てくれる四ノ宮愛子さんとも合流しました。
今回の会場は舞台付きの和室。
20数人の人たちが来てくださいました。少し狭いくらいです。
仕方なく、わたしは舞台の上からヨーガ。

第1部は通常の実技のレッスン。
メモをする人もいて、とても熱心。

第2部は、身体で読み解く『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』〉。
前回の台風のときは第1部アーサナ編を学びましたが、今回は第2章のプラーナーヤーマとシャット・カルマ編、さらに第3章のムドラー編。

時間の制限もあり、ダイジェスト的な講義になってしまいました。
本当は東京でやったように、何十時間も使ってやらなくてはいけません。
それでも皆さん、メモをとったり、質問もあったりとたいへん充実していました。

わたしの急なアイデアにも関わらず、榊原さんがみんなの前でスートラ・ネーティに挑戦。
結果はどうなったでしょうか…。

最近は、若い人たちもアーサナだけではなくヨーガの思想や歴史などにも興味を持ってくれるようになりました。
ただただ、難しいアクロバチックなアーサナに夢中になる時代は終わりにしたいですし、そうなりつつあります。

ワークショップが終わった後は忘年会。
先日、喜多見で行ったヨーガクイズをやってみました。
名古屋ではまだ『インドの叡智』を勉強していないのに、皆さん、結構出来ていました。

とてもおいしいそば屋さんで、肴もとてもおいしいものばかりでした。
今度来た時は「味噌煮込みうどん」を食べてみろとのことです。
名古屋に来る楽しみがまた一つ増えました。

榊原さん、四ノ宮さん、名古屋の皆さま、ありがとうございました。
[PR]
by preman9798 | 2012-12-17 14:04 | Comments(0)

忘年会シーズン

6日(木)は、池袋の「ニルヴァーナ・ヨガ・スタジオ」で今年最後のスートラの講義でした。
Kさんの急な呼びかけにもかかわらず6名で急きょ忘年会。
スタジオの下に「楼欄」という精進料理の中華料理屋があり、肉のかわりに大豆で調理してくれるのです。
なかなかおいしかったです。多分新年会もここになるのではないでしょうか。


8日(土)は、狛江の「トリャンバカム・ヨーガ・センター」で年末交流会がありました。
そういえば数年前、初めて狛江に行ったのがこの年末交流会のときでした。
わたしは午前中にアーサナ、午後は「時代と人」というテーマで講話と言うよりも雑談。
そしてキールタンというスケジュールでした。

今回は岩手県岩泉町から被災者の人も駆けつけて岩手物産展、ヨーガ・マットの販売、被災地のスライド上映などもありました。
天気も良く、飛び入りの人も含め、大勢の人が参加してくださいました。
Y.L.S.養成コースを出た研究生たちも忙しそうにお手伝い。

夜は場所を成城学園に変えて忘年会。
名前は忘れてしまいましたがもう二、三回は行っているインド料理店。
来月インドに行くというOさんも飛び入り参加。
Y.L.S.はインドに行ったことのある人がたくさんいます。
Oさんはみんなからいろいろな情報を得ていたようです。


12日(水)は、八雲教室の忘年会でした。
先日、わたしのヨーガ40周年記念をしていただいたばかりなのに、忘年会。
都立大跡地の広場にあるレストランでのとてもおいしいイタリアン(フレンチ? ただの洋食?)でした。お店が満員だったのもうなずけます。。
ただ、いつも元気な三島の加藤先生が急に来られなくなってしまったのは残念でした。


夜は代々木UTLのスタジオでレッスン。
スタジオの前で経営者であるK.N.さんに会いました。
これから忘年会に行くということでした。きっとお誘いも多いのでしょう。
代々木UTLには、2009年の3月から参加しています(わたしは忘れていたのですが…)。
早いもので、もう3年半以上になりますね。
定期的な『インドの叡智』の学習会、実技レッスンに加え、TT2やTT3の講師、
ワークショップといろいろと関わっています。
このまま関わり続けて良いのだろうか…と思うことも…。

レッスンが終わったころO.R.さんが待っていてくれました。
お土産をもらいました。
O.R.さんは仕事がとても忙しく、なかなかヨーガに来られません。
でも身体には気をつけてください。
[PR]
by preman9798 | 2012-12-13 10:37 | Comments(0)

近況報告

11月30日(金)は、今年最後の青森のヨーガ・サンガティ教室でした。
大変な寒さを覚悟をしていったのですが、それほどでもありませんでした。
青森の『インドの叡智』の勉強会も、いよいよ第3部に入り、残すところ三回くらいでしょうか。
授業の後は忘年会。青森や八戸はおいしいものがいっぱいです。


東京に帰り、休む間もなく会場の喜多見へ。
12月1日(土)はY.L.S.の定例学習会『ヨーガ・スートラ』。
この日は、勉強会の後、ヨーガ・クイズ大会がありました。
本当は9月の岩手での合宿の時に行う予定でしたが、ずっと延びていたのです。
クイズはヨーガ編、神話編、人物編など全部で30問あります。
四択なので、それほど難しくはないと思います。

たとえば、

問   『ヨーガ・スートラ』に出ているニヤマは次の中のどれ
①ブラフマチャリア  ②アヒンサー  ③サントーシャ  ④プラーナーヤーマ

問   息を吐いて止めることを何という
①ケーヴァラ・クンバカ  ②バーヒャ・クンバカ  ③アンタラ・クンバカ  ④我慢

問   シヴァとパールヴァティーの子供は
①ハヌマーン  ②となりのトトロ  ③カーマ  ④ガネーシャ

みんなよく出来ていました。20問以上正解の人がほとんどでした。
しかも、さまざまな景品付き。


2日(日)はY.L.S.のワークショップ。
今回は「シャット・カルマ」。あまり行う機会がありませんが、
ハタ・ヨーガの重要なテクニックの一つです。
シャット・カルマの中でも今回は、スートラ・ネーティとジャラ・ネーティ。
スートラ・ネーティはこの日のために、インドからゴム管を取り寄せ、
ゴム管に付ける木綿のひもはトリャンバカムの早野智子先生にお願いして作ってもらいました。

ジャラ・ネーティはほとんどの人ができましたが、初めて挑戦するスートラ・ネーティは悲惨でした。
なかなかゴム管が鼻の中に入らないようで、涙やよだれにまみれ、咳やくしゃみの出る人も…。
Y.L.S.のインストラクター中嶋寛子先生だけができたようです。

中にはせっかくワークショップに参加してくれたのに、まったくやらなかった人も何人かいました。
みんなのあまりにもすごい形相を見てびっくりしてしまったのでしょう。

そして、カパーラバーティ、ナウリなどを行いました。

暮も近くなったので、身体の大掃除でした。
[PR]
by preman9798 | 2012-12-04 14:44 | Comments(2)