「ほっ」と。キャンペーン

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

40周年

昨日は八雲教室。
とても古い教室で、ヨーガ・サンガティとしては最初の教室になります。
この八雲教室は最高齢の85歳のS.T.さんから30代前半のK.H.さんまでいて、
とてもよい雰囲気です。
おっとりとした雰囲気のK.H.さんやT.M.さんが中心になってお世話をしてくれています。

その教室でわたしのヨーガ歴40周年と大きな区切りの○○歳を祝ってくださいました。
前にも一度使ったことのある「ジョン」という犬の名前が付いているお店です。
普通の民家の二階がレストランになっているので、中は応接室のような雰囲気です。
なかなか午前と午後の教室が一同に集まることはないのですが、とても楽しい集まりでした。

そういえば、お祝いは八雲教室だけではありません。
Y.L.S.でも有志が集まって祝ってくださいました。
池袋教室の人たちからも祝っていただきました。
ダメ講師なのに嬉しいことです。

いつまでヨーガを続けられるかわかりませんが、死ぬまでやるしかありません。
神さま任せです。

そんなみんなが集まって、10月24日はシヴァーナンダ・アーシュラムのヨーガスヴァルーパーナンダ先生のお話を聞きます。
これもとても楽しみです。
[PR]
by preman9798 | 2012-09-27 09:57 | Comments(0)
23日は第四日曜日、高円寺の「シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター」で『インドの叡智』。
あと二回くらいで終わるので、終わった後は『シヴァーナンダ・ヨーガ』を使っての勉強に入ります。
今、授業を受けてくださっている方はほんとうに熱心です。
一時は大勢いたのに、結局は半分くらいになってしまいます。
これはどこのスタジオや教室でやってもそうなってしまいます。
やはりコツコツと続けて学んでいくというのは大変なのでしょう。
センターにY.L.S.のワークショップのチラシと、24日のスヴァーミー・ヨーガスヴァルーパーナンダ師の「サット・サンガ」の案内を置かせてもらいました。
どうぞ、皆さんいらしてください。

センターでの講義の後、代々木公園でやっている「ナマステ インディア」に行ってきました。
何年ぶりでしょうか。
屋台でカレーでも食べようと思ったのですが、ひどい雨。
下はぬかっているし、傘は差さなければならないし、カレー出ころではありませんでした。
実はここで、古くからの知り合いのサンジーヴさんと待ち合わせをしていたのですが、
電話をして急きょ渋谷で会うことに。

11月の初旬頃、インド、リシケーシに行くかもしれません。
いろいろな事情で信じられないくらい短い期間です。
たったの一週間!
どなたか一緒に行きませんか!
[PR]
by preman9798 | 2012-09-24 21:53 | Comments(0)
23日は第四日曜日、高円寺の「シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター」で『インドの叡智』。
あと二回くらいで終わるので、終わった後は『シヴァーナンダ・ヨーガ』を使っての勉強に入ります。
今、授業を受けてくださっている方はほんとうに熱心です。
一時は大勢いたのに、結局は半分くらいになってしまいます。
これはどこのスタジオや教室でやってもそうなってしまいます。
やはりコツコツと続けて学んでいくというのは大変なのでしょう。
センターにY.L.S.のワークショップのチラシと、24日のスヴァーミー・ヨーガスヴァルーパーナンダ師の「サット・サンガ」の案内を置かせてもらいました。
どうぞ、皆さんいらしてください。

センターでの講義の後、代々木公園でやっている「ナマステ インディア」に行ってきました。
何年ぶりでしょうか。
屋台でカレーでも食べようと思ったのですが、ひどい雨。
下はぬかっているし、傘は差さなければならないし、カレーどころではありませんでした。
実はここで、古くからの知り合いのサンジーヴさんと待ち合わせをしていたのですが、
電話をして急きょ渋谷で会うことに。

11月の初旬頃、インド、リシケーシに行くかもしれません。
いろいろな事情で信じられないくらい短い期間です。
たったの一週間!
どなたか一緒に行きませんか!
[PR]
by preman9798 | 2012-09-24 21:53 | Comments(0)

学習会とサット・サンガ

今日はY.L.S.の定例学習会の『ヨーガ・スートラ』講義。
いつもは第一土曜日(今月は1日)に行っているのですが、
わたしの都合で今日になってしまいました。
「喜多見地区会館」、小田急線喜多見駅から徒歩5分。

『ヨーガ・スートラ』第2章12節~。
ちょっと難しい内容のところでした。
次回はアシュターンガ・ヨーガからなので、
皆さん興味をもってくださると思います。

定例学習会の後は恒例になっているキールタンを一時間ほど。
なかなか新しいレパートリーが増えません。
ここのところ、いつも同じ曲ばかりになっています。
申し訳ない。
今度ちゃんと練習してきます。
でも、キールタンはほんとうに気持ちがよいです!


10月24日(水)・午後13:30~16:00。
上目黒住区センターで、リシケーシはシヴァーナンダ・アーシュラムからいらっしゃった、スヴァーミー・ヨーガスヴァルーパーナンダ先生のサット・サンガを行います。
スヴァーミージーとは、わたしが最初にインドに行った1977年にお会いしました。
そのときはまだスヴァーミーにはなっておらず、ブラフマチャリャの白い衣装を着ていらっしゃいました。
その後、シヴァーナンダ・アーシュラムに行くたびにお会いしています。
一度はアーシュラムからデリーまで一緒にタクシーに乗って行ったこともあります。
いつもにこにこされていて、とても穏やかな人です。
大勢の人に参加してもらえたらと思います。
[PR]
by preman9798 | 2012-09-22 22:50 | Comments(0)
16日(日)・合宿の二日目

朝5:30からヨーガ。宿泊所である「あっけら館」の二階。
2:30、3:00、3:30と小刻みに目が覚めてしまった。
結局4:00少し前に起きて部屋でヨーガ。
となりの部屋や二階の部屋はとても静か。まだ寝ているのだろう。

外が少し明るくなったので、ちょっと散歩に。
近くにきれいな川が流れていて、カモ(?)が泳いでいた。

ヨーガをやる二階の和室は、女性たちが寝ていた部屋です。
「三陸のともしび」の早野氏や木工を生業としている青年も参加してくださり、部屋は満員状態。
階下では朝食の準備が始まっているようです。
女性が多いので炊事は手早いです。

せっかくのおいしそうな朝食でしたが、わたしはいつも朝食をとらないので、ほとんど食べられませんでした。ごめんなさい。

被災地を視察しながら、小本地区の仮設住宅に。
テレビで何度も見たようなプレハブ造りの長屋がずらっと並んでいました。
商店は少し離れたところに、何軒かの商店だけが集まった仮設住宅があります。

10:00から、この仮設住宅の集会所でヨーガの実習。
合宿の主催者のトリャンバカム・ヨーガ・センターの早野智子先生からは、何人の人が来て下さるか分かりませんと、前もって言われていました。

レッスンの途中でいなくなり、また戻ってくることも、ということも聞いていました。
仮設住宅に暮らしている人たちはお年寄りが多く、仕事も家も失いヨーガをやる余裕もないのでしょう。
しかし、嬉しいことに10名近くの人が参加してくださいました。
合宿参加組、今日から参加の名古屋のSさんや狛江のNさんたちと合わせると結構な人数。
仮設施設でのヨーガ、わたし自身、よい経験になりました。

ヨーガが終わった後は昼食。シソの巻いてあるおむすびがおいしかった。

一度合宿先に戻り、すぐ近くにある龍泉洞のある「ウレイラ山」でキールタン。
しかし、大変な暑さです。行ってみて日陰も何もなければ中止に…、でもちょうどよい木陰があり、みんなでキールタンができました。
時々吹いてくる風がとても気持ちよかった。

汗びっしょりになってしまったので、再び近くのホテルの立ちより風呂に。
わたしと三島の加藤照美先生と生徒さんはここで帰らなくてはなりません。

後ろ髪をひかれながらも岩泉を後に…。
ほんとうに景色のきれいな、川のきれいな、空気のきれいな岩泉でした。
そろそろ松茸が採れるそうな。
[PR]
by preman9798 | 2012-09-20 20:24 | Comments(0)
15日(土)~17日(月)の連休、Y.L.S.と「三陸のともしび」との合同合宿がありました。
「三陸のともしび」は岩手県岩泉町で、早野正寿氏を中心に震災復興に力を入れているプロジェクトです。
ヨーガを行っている人には、手作りのヨーガ・マットを制作している「織り織りのうた」でご存知の方もいらっしゃると思います。
この連休の三日間は「三陸のともしび」とY.L.S.との合同合宿があったのです。
遠く三島や名古屋からも仲間が参加してくださいました。
わたし自身は個人的な都合により二日間だけの参加となりました。

15日(土)、6時台の新幹線に乗るため、5時過ぎに家を出ることに。
盛岡駅で仲間と待ち合わせ、マイクロバスで宮古へ。
バスは、途中で「道の駅」に寄りながら山の中をひた走り。
走る走る。岩手県は本当に大きい。
それに、暑い暑い。東北がこんなに暑いとは思ってもいませんでした。
実際に初めて見る被災地。
がれきはぼ片づけられているが、家は建てられないので空き地に草がぼうぼうと生えています。
現地の人が逃げ上ったという山にも。
あちこちに津波の水位の跡が残っていました。
「浄土か浜」で昼食。
「浄土ヶ浜」は風景カレンダーに必ず載っている有名な海岸です。
海岸はとてもきれいでしたが、レストランや休憩所は流されてしまったということで、新しくなっていました。
「海鮮丼」を食べましたが、本当はさんまが食べたかった…。
その後、田老地区へ。
ガイドさんによると、ここは今までにも何回も津波の被害が出たということで大規模な堤防があったのですが、一つが決壊し、被害が出たということです。

合宿先「あっけら館」のある岩泉町へ。
バスの窓から見る途中の景色もとてもきれいでした。
「あっけら館」は時代劇に出てきそうな古い民家でした。
部屋の真ん中には大きな「いろり」があります。

近くにホテルがあり、立ち寄り風呂に。
そして、みんなで夕食の準備、といってもわたしはなにもしませんでしたが…。
アーシュラムと同じ、100パーセント野菜の完全ヴェジタリアン。

ヨーガ・クイズを用意していったのですが、これはまたの機会に。

明日は5:30からヨーガかあります。
寝坊はできません。
[PR]
by preman9798 | 2012-09-20 11:22 | Comments(0)