「ほっ」と。キャンペーン

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

善本社

7日(土)、善本社設立40周年のパーティーが神保町の学士会館で行われました。わたしもヨーガ40周年、善本社さんの歴史と同じなのですね。

1999年、『インドの叡智』を出しました。わたしのヨーガ仲間のIさんが、かつてお勤めされていた時事通信社の関係から善本社さんを紹介してくださったのです。

当時の山本社長や担当のTさんと、会社のある神保町でお会いしました。山本社長は大変高齢であったにも関わらず、とても元気で明るい人望家の方でした。
出版を引き受けてくださった後は、担当のTさんと打ち合わせをしたり、校正をしたりと大変な日々が続き、おかげさまで『インドの叡智』が完成しました。たいへんなエネルギーが必要でした。

今日、このようにあちらこちらのヨーガ・グループからお声をかけてくださるのも、『インドの叡智』が出せたからだと思っています。
善本社さん、そして山本社長、ありがとうございました。



夜は、喜多見でY.L.S.の定例学習会がありました。今日から『ヨーガ・スートラ』入門編を学びます。『ヨーガ・スートラ』は三年くらい前になるでしょうか、東日本橋のヨーガ・スタジオ「ロータス」で講義をしたことがありました。
今日は20名も参加してくださいましたが、皆さんずっと続けてほしいと思います。

いままでも『バガヴァッド・ギーター』『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』という教典を学んできましたが、『ヨーガ・スートラ』は使われている言葉も難しく、よほどわかりやすく伝えないと聞いているほうは嫌になってしまいます。

三島のヨーガ・スペース・ビージャの加藤先生もご自分の生徒さんを誘っての参加です。
そして、たまたま八戸からいらしていたSさんも特別参加す。

授業が終わった後は、先週わたしの身体の不調で延期になったインド料理店でいろいろなお祝いでした。
狛江の早野先生の岩手移住、狛江トリャンバカムの石川さんがヨーガの道へ、養成コース卒業生のインストラクター・デビューなどのお祝いでした。
しかし、残念なことに、狛江トリャンバカムの期待の若手のホープFさんが、思うところがあり、しばらくお別れに…。


体調も戻り、おいしいインド料理でした。
[PR]
by preman9798 | 2012-04-08 08:09 | Comments(0)

近況報告

しばらくぶりでひどい目に会いました。
30日(金)は、三カ月に一度行っているヨーガ・サンガティ青森教室でした。「はやぶさ1号」で快適に青森まで。
教室の人がお弁当を用意してくださいました。いつもならペロッと食べてしまうのに、なんだか食欲がありません。
授業は無事終わりましたが、何となく気分がすぐれません。
夜のクラスまでホテルで少し休憩しましたが、なんだか熱が出てきたようです。
いつも夜のクラスが終わったた後は、生徒さんたちと懇親会なのですが、この日は何も飲めず食べることもできませんでした。
こんなことは初めてです。多少、体調が悪いくらいでは食欲が落ちたことはありません。
それが何一つ口に入らないのです。身体全体で拒絶しているような感じです。
ホテルに帰ってからが大変でした。高熱と吐き気と下痢で一晩中眠れませんでした…。
こんな目に会ったのは、初めてインドに行ったときに洗礼を受けたとき以来です。
しかも31日に東京に帰ってから、その日のうちに狛江のY.L.S.の定例学習会に行かなくてはなりません。
帰りの新幹線の中もふらふらでしたが、食欲がまつたくわきません。
一日以上何も食べていません…。

Y.L.S.の定例学習会も何とか終りました。
本当はこの日、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』が終了した打ち上げの予定だったのですが、延期とさせていただきました。
楽しみにしていた皆さん、ごめんなさい。

狛江からの帰りの電車は、気分が悪く最悪でした。
絶不調の上に「超」が付き、さらに「スーパー」が付き、さらに「ウルトラ」が付いたような気分でした。
冷たい雨の中、ようやく家に着いたのですが、何も飲まず食わずで、お風呂だけ入って寝ることに。

翌、4月1日はY.L.S.のワークショップ。「三つのナマスカーラ」。
大勢の人が参加してくれました。
遠く名古屋からSさんも来てくれました。
池袋の勉強会でお世話をしてくれたOさんも来てくれました。
本当はこの日もワークショップが終わった後、打ち合わせがあったのですが、わたしだけ早退。
青い顔をして坐って居られても困りますものね…。

というわけで、三日間、ほとんど何も食べていません。

こんなこともあるのですね。
でも悪いことばかりではありません。
普段何気なく行っているアーサナがとても気持ち良く感じたり、
身体との対話がじっくりとできたように思います。
きっと知らず知らずのうちに身体のいうことを無視したり、耳を傾けなかったのでしょう。
あらためて、身体との対話の重要性を再認識させられた、ここ三日間の体験でした。

今日あたりから少しずつ食欲が戻ってきたような感じです。
あ~、情けない。
[PR]
by preman9798 | 2012-04-02 14:08 | Comments(0)