「ほっ」と。キャンペーン

長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

代々木UTLでの講義

28日(土)は、代々木UTLでTT2の哲学講義の第一回目がありました。
お疲れでうとうとしている方もいたようですが、とても熱心な方もいます。
TT2の第一回目の授業はいつも「ヨーガの起源」と「ヨーガの流派と教典」です。
次回は「ラージャ・ヨーガ」、そして第三回目が「ハタ・ヨーガ」です。

今日、30日(月)は、同じく代々木UTLで『インドの叡智』の講義がありました。
今日学んだのは、第2部のラージャ・ヨーガのアシュターンガ・ヨーガのアーサナのところです。
さらに、『マハーバーラタ』にも少し触れることができました。


今、教室へ通う電車の中で読んでいる本が沢木耕太郎著『旅する力』新潮文庫です。
沢木耕太郎氏といえば、わたしたちの世代ではユーラシア大陸をバスで横断するドキュメント『深夜特急』です。
実は昔、ヨーガの生徒さんの(間接的な)関係で、あるスナックで沢木さんに会わせていただいたことがありました。

わたしとはあまり歳の変わらない沢木氏でしたが、とてもカッコ良かったのを覚えています。

沢木氏のユーラシア大陸横断旅行の2、3年後に、わたしがインド旅行したときの日記が、このブログに乗せている「わたしの初めてのインド」です。





わたしの初めてのインド・32

インドの元旦はあっけないものでした。
日本のようにお正月の三が日はゆっくりするという習慣がないようです。ほとんど通常のプログラムと変わりありません。


●アーシュラムの生活
1月2日。
年賀状というわけでもないのですが、家、友人、井上先生、Oさん、前田先生、橋本さんに手紙を書きました。


1月4日。
小野さんがアーシュラムを出ていくことに。そして、明日は森さんがアーシュラムを出て行きます。一時は5、6人の日本人がアーシュラムに滞在して賑やかだったのに、また寂しくなってしまいます。
その上、今日はなんとなく風邪気味で、気分も沈みがちです。やはり暖かいインドとはいえ、冬のリシケーシの朝晩は相当に冷え込みます。インドにはほとんど暖房というものがありません。扇風機はどんな部屋の天井にも付いていますが、ストーブや暖房器は皆無です。見たこともありません。もちろん、日本のお風呂のように熱い湯船にゆっくりと浸かるという習慣もありません。

シヴァシャンカラーナンダさんのところに行ったら、リシケーシに行く用事はないかと聞かれました。その日、たまたま行く用事があったので、二時ころに行く予定ですと答えたところ、四時に一緒に行こうと言われました。
ほんとうは二時に行きたかったのですが仕方がありません。スヴァーミージーと一緒にリシケーシの町へ。
町へ行く途中、日本へはいらっしゃらないのですかと何気なく尋ねると、日本のみんなが呼んでくれるようにしてくれとの返事でした。

町へ着くとスヴァーミージーは食料品店に行き、粉ミルクの缶をあれこれと見始めました。そういえば、シヴァシャンカラーナンダさんは胃腸が弱いので、部屋でよくミルクをよく飲んでいらっしゃるのを見かけました。
わたしが店の外で待っていると、スヴァーミージーから片言の日本語で「あなたも中に来てください」との声が。
わたしは何事かと思いお店の中に入ると、これを買って下さいと、さっきスヴァーミージーが見ていたミルクの缶を買わされてしまいました。
なるほど、スヴァーミージーがわたしと一緒に町へ行きたいと言ったのは、こういう理由からだったようです。
いろいろとお世話になっているスヴァーミージーです。ミルク代などたいしたことはありませんが、わたしとしてはもっと素直に話してもらえたらと思いました。喜んでプレゼントさせてもらったのに。
夕方の瞑想。良いときと、あまり集中できないときの波があります。やはり、このプログラムに出るだけではなく、もっと自分で修行しなくてはなりません。


1月5日。
どうも風邪が治りません。朝、無理をしてアーサナのクラスに出たのがいけなかったようです。森さんが9時半のハリドヴァール行きのバスでリシケーシを出て行きました。
彼女はアーシュラムに来て早々、貴重品を盗まれるという大トラブルに巻き込まれ一時はどうなるかと思いましたが、元の元気な女の子に戻ったようです。

また、手紙を書きました。市谷塾の生徒たちと西山登志正先生、そして藤田鳳子先生です。
シャンカラーナンダさんは15日に出発するということでした。
わたしもそろそろアーシュラムを出て、南インドの方にでも行こうかと思っています。


1月6日。
風邪が治らず、アーサナのクラスは欠席しました。わたしのほうからお願いして、シヴァシャンカラーナンダさんから習い始めたジャパ・ヨーガですが、申し訳ありませんが30分で切り上げてもらうことに。
今日は何もせず、ただ部屋で手紙を書いていました。家に、弟に、そして従兄たちに。
次回は、『ギーター』の中からジニャーナ・ヨーガとカルマ・ヨーガを取り上げたいと思います。
[PR]
by preman9798 | 2011-05-30 17:35 | Comments(0)
昨日は池袋にて『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の学習会。
第2章・プラーナーヤーマ編が終わりました。
第2章ではプラーナーヤーのほかにシャット・カルマも学びました。
両方ともハタ・ヨーガの重要な技法です。

そして、いよいよ6月9日(第二木)からは第3章・ムドラー編に入ります。
これがまた面白く、ムドラーはなかなか勉強する機会もないと思いますので、
ぜひ関心のある方はご参加ください。

第2章が終わったということで、授業後は懇親会。
今までも、ちょうどよい区切りの度に懇親会を行ってきましたが、
今回はたくさんの人か参加してくださいました。

授業では、質問以外はわたしの一方的な講義になってしまうので、
このような懇親会があると皆さんと気楽に話すことができ、
それまで知らなかった意外な一面を知ることができます。

スタッフでありお世話役のO.R.さんありがとうございました。
[PR]
by preman9798 | 2011-05-27 10:08 | Comments(0)

月曜日

16日(月)は、池袋でのレッスンとUTLでの『インドの叡智』の学習会。

月曜日の池袋の教室は、昔からの仲間たちとのヨーガ。
生徒とはいえ、みんなベテランの先生たちばかりです。
ツーと言えばカー。

その後は、代々木UTLへ。
『インドの叡智』の第二期の授業です。
今日から第2部に入りました。
第2部は「ヨーガの流派と教典」で、とても重要で面白いところです。
また、ヨーガ・インストラクターの人にとってはぜひ、学んでほしい内容です。
まだ十分間に合いますので、一人でも多くの人に参加してほしいと思います。





わたしの初めてのインド・31

あけましておめでとうございます。
リシケーシでお正月を迎えるとは夢にも思いませんでした。
昨年はいろんなことを体験することができましたが、今年はどういう年になるのでしょう。


●アーシュラムの生活
1978年1月1日。
昨夜、寝たのが遅かったせいか、お正月早々寝坊をしてしまいました。せっかくアーシュラムに滞在しているのに、自分が少し情けなくなります。
寝坊のため、アーサナの授業には出られず、部屋でヨーガ。心の中で、お正月なのだからきっとアーサナの授業もお休みに違いないと勝手に判断。
7時半に森さんの部屋に行き、みんなでお雑煮を食べました。中山さんの友人のインド人も一緒です。お餅は、先日来たツアーの人にもらったものです。インドで、元旦にお雑煮を食べられるなんて想像もできませんでした。何も入っていないお醤油だけの味ですが、たしかにお雑煮です。

10時にシヴァシャンカラーナンダさんのところに。今日からジャパ・ヨーガを習うことになっています。はじめはジャパを始めるときのいろいろな注意でした。シヴァシャンカラーナンダさんは日本語ができるとはいえ片言なので、聞き取るのにたいへん疲れます。先が思いやられます。
11時に昼食。今日はお正月なので豪華なメニューに違いないと期待していたのですが、ライスにチャパティ、サブジーにダールと、いつもと同じような内容でした。神様のお祭りの多いインド、お正月だからといって日本のように特別メニューとはならないようです。勝手に期待していた分だけ、がっかりです。
昼食後、馴染みになった安食堂「ナーラーヤン」でチャイ。ここで働いている子供たちに折り紙を持っていってあげたのですが、一番大きい子だけしかいませんでした。あとの二人はどこに行ったのだろう。
後でこの安食堂の店主に聞いたところ、三人の子供たちは自分の息子たちではないということでした。そういえば、店主は父親にしては歳がとりすぎていますし、三人の子供は全く違う顔をしています。なんとなく、それ以上深く聞いてはいけないような気がしたので詳しいことはわかりませんが、一番下の子は別にして、上の二人はどうもこの安食堂で働いているようです。昼間お店にいるところを見ると、ちゃんと学校に行っているのかどうかもわかりません。
近くには制服を着て学校に通っている子どもがいるのに、一方では裸足でこんな安食堂で働いている子どもがいるのかと思うと、複雑な気持ちです。

手紙を出しに郵便局に。元旦なのでさすがにお休みでした。仕方がないので、ガンジス河のほとりで瞑想件リラックス。これが本当に気持ちがよいのです。せっかくインドに来ているのに、もっと頑張らなくてはと反省。リシケーシやアーシュラムに慣れたせいでしょうか。ちょっと気が緩んでいることは確かです。元旦早々、反省することばかりです。

このインドがわたしにとって初めての海外旅行なので、日本以外で迎えるお正月も初めての経験です。今頃、日本の家族や友人たちは何をしているのだろうか。みんなで炬燵に入ってテレビでも観ているのだろうか。おせち料理でも食べているのだろうか。お正月は退屈で、あまり好きではありませんでしたが、なんだかとても懐かしい気がします。

5時15分からの瞑想。とても良い感じでした。夜は、森さんの部屋でいろいろごちそうになりました。森さんがリシケーシに来てすぐに盗難にあったときはどうなるのかと思いましたが、どうやら立ち直ったようです。
夜のサット・サンガ、キールタンがとても良いです。覚えて帰らなくてはと、あらためて決心。その後の講義はヒンディー語でしたので、静かにバジャン・ホールを出て部屋に帰りました。
[PR]
by preman9798 | 2011-05-17 21:26 | Comments(0)
5月6日(金)の青森ヨーガ・サンガティから14日(土)まで、少しハードなスケジュールでした。
13日(金)にはY.L.S.主催の養成コースがありました。
わたしの担当は『インドの叡智』と実技指導。
他にもトリャンバカム・ヨーガ・センターの早野智子先生の「暮らしとヨーガ」の授業があります。
それまでの養成コースと異なり単位制なので、自分の都合に合わせて受講することができます。もちろんこれらを同時に学ぶこともできます。
わたしが長年学んできたインドのヨーガをしっかりと伝えたいと思います。

そして15日(土)。この日は朝から夜まで忙しい一日でした。
朝は狛江のトリャンバカム・ヨーガ・センターで講和と実技のクラス。
その後はキールタンの練習のはずでしたが、泉の森会館の喫茶店でのオープン練習。
喫茶店のお客さんも何人かいらしたので、いつもとは少し違う感覚。

4時からはY.L.S.三島校の加藤照美先生の生徒さんの実技試験。IさんもNさんもお二人とも十分及第点です。

6時からはY.L.S.での定期学習会。『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第3章、とても難しいです。
次回で第3章も終り、いよいよプラディーピカーの最終章第4章に入ります。
学習会の後はキールタン。今回はわたしが昔、シヴァーナンダ・アーシュラムで録音してきた、故デーヴァーナンダさんのキールタンのテープを聞きました。
いつものように楽器ではなく、テープに合わせてのキールタンでした。

録音してきたキールタンがたくさんあります。上手く編集してCDにまとめますので、ぜひ大勢の人に聞いてほしいと思います。
[PR]
by preman9798 | 2011-05-16 06:40 | Comments(0)
「池袋勉強会」と言っても、今日は荻窪にある「杉並公会堂」での授業でした。
公民館はなかなか安定して使用できないのが欠点です。
今回は勉強会に参加してくださっている、ジーヴァンムクティ・ヨーガを学んでいるZ・Hさんがお世話をしてくださいました。

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第2章・プラーナーヤーマの7回目です。
次回で第2章も終わります。
6月30日には、「上池袋コミュニティセンター」でプラーナーヤーマの実習とヨーガ・ニドラーを行います。

そして、今日はスタッフのまとめ役のO・Rさんが第3章・ムドラー編のテキストを作ってきてくださいました。
第1章、第2章と比べると、第3章は数十ページほど厚いです。
雨の中、重たいテキストを何冊もありがとうございました。

ムドラーはとても面白いです。
第3章からでも構いませんので、ぜひご参加ください。


さあ!  明日はY.L.S.の養成コースのスタートです!
[PR]
by preman9798 | 2011-05-12 23:45 | Comments(0)
今日から八雲教室で、サティヤーナンダの講演録を使った学習と『ヨーガ事典』の勉強が始まりました。
と思ったら、来月で終了になってしまいます。
八雲教室は目黒区の公民館なのですが、7~9月の日中はクーラーなどの消費電力が大きいということで、使用禁止となってしまいます。
せっかく始まった勉強会も、今日と来月の第二水曜日(8日)で中止となり、再開は10月以降になってしまいます。
その第一回目の勉強では、サティヤーナンダさんの「ヨーガ教師の選択」と「サーダナに関する質疑応答」から学びました。とくに後者の質疑応答はたいへんおもしろく、次回もその続きを学ぶよ手です。
『ヨーガ事典』のほうは、P12の【アーチャーリヤ】まで。
あちこちに話が飛んだり脱線しながらですので、なかなか進めません。
とくに今日は、わたしとヨーガとの出会いから今日までのことを話すことになり、授業の半分が雑談になってしまいました。少し反省しなくてはなりません。
[PR]
by preman9798 | 2011-05-11 22:29 | Comments(0)
代々木UTLにて『インドの叡智』の勉強会がありました。
今日で第1部が修了し、来週からは第2部・中世インドとヨーガに入ります。

第1部が終わりましたので、皆さんとお茶を飲むことに。

授業では毎回のように顔を合わせていますが、お互いの名前やどんなヨーガを学んでいるかはわかりませんでした。
それが、わずかな時間ではありますが一緒にお茶を飲んだりすることでとても親近感が増します。

皆さんまだまだ若く、これからたくさんヨーガを学んでくださると思います。
少しでもそのお役にたてればと思っています。
[PR]
by preman9798 | 2011-05-09 22:01 | Comments(1)

青森ヨーガ・サンガテイ

6日(金)~8日(日)と、青森県に行ってきました。
本来ならば、八戸と弘前に行くはずだったのが、3月11日の震災で中止になり、久しぶりの青森県でした。
いつもは東北新幹線で行くのですが、余震もあり、徐行運転で本数も少ないということで、飛行機で行くことに。
そういえば、国内線に乗るのも久しぶりです。ニュースで見たとおり、羽田空港ビルの中もとてもきれいで、おしゃれなお店もたくさんありました。
羽田から青森まではたった一時間のフライトですが、わたしの家から羽田空港まで一時間半。なんだか割に合わない気がします。

今回は青森でのヨーガ・サンガテイが終わった後、むつ市でも大きな集まりがありました。
50名以上の方が参加してくださってのヨーガとキールタンの集いでした。
わたし自身、むつ市へ行ったのは10年ぶりになります。
そのときは、あの「恐山」に行ったのですが、今回はヨーガとキールタンだけでした。

青森ヨーガ・サンガティのサイトができました。ぜひ、「青森ヨーガ・サンガティ」で検索してご覧になってください。もちろん「八戸ヨーガ・サンガティ」の情報も載っています。

青森とむつの皆さま、ありがとうございました。たいへんお世話になりました。

次回の青森は8月、青森の人たちのご配慮で「ねぶた祭」のときに勉強会をすることになりました。



今週は新しく始まる八雲教室での勉強会があります。
やはり新しく始まるY.L.S.の養成コースもあります。
Y.L.S.の定期学習会もあります。

ブログにアップできるとよいのですが…。
[PR]
by preman9798 | 2011-05-08 16:24 | Comments(0)