長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハリオーム!

木曜日は吉祥寺教室。
その後、東日本橋のヨーガ・スタジオの五階「ハスハキッチン」へ。
別に料理の講習会に参加するわけではありません。
この「ハスハキッチン」レストランで『ヨーガ・スートラ』入門と『バガヴァッド・ギーター』入門の講義をするからです。
資料を並べる机は、普段は食事をとるテーブルです。
まだ、実際にこの「ハスハキッチン」で食事をしたことはありませんが、以前にも書いたように野菜はすべてオーガニックということです。
きっとおいしいと思います。ぜひ皆さん食べにいらしてください。ランチ・メニューもあるようです。
一階のヨーガ・スタジオ「ロータス8」でレッスンを終えた生徒たちも、食べたり飲んだりしに来るようです。
あれ、なんで「ハスハキッチン」の宣伝を?
きっとこの次は、ジュースくらい出てくるだろうなぁ…。


『ヨーガ・スートラ』入門に『バガヴァッド・ギーター』入門と、あえて「入門」としたのは、まずは両教典とも概略や成立するまでの流れをメインに説明したかったからです。
本来ならば、教典の一節一節の一字一句を考察していくという勉強法が適しているのかもしれませんが、最初から重箱の隅をつつくようなあまり細かい学習の仕方だと、受講生が嫌になってしまうと思ったのです。
まずは、受講生にどんなことが書かれている教典なのかを知ってもらえれば、そしてそれに興味を持っていただくことを先決に考えました。
今のところ、受講生の皆さんには関心を持っていただけていると思っています。
だんだん教典の中身が難しくなったときに…ちょっと心配です。
このYOGA塾の担当のOさん曰く、「それは先生の腕次第ですよ、腕次第」。
そう簡単に言ってくれるなよなぁ。
プレッシャーに弱いのに…。

帰りは、都営新宿線「馬喰横山町」から神保町まで行き、そこから都営三田線に乗り換えます。
時間帯によるとは思いますが、この「馬喰横山町」、なかなか電車が来ないのです。
昨日は次の電車まで9分も待つことになりました。間隔が長すぎませんか?
今度は時刻表を調べておいて、「ハスハキッチン」を出るときはちゃんと計算して部屋を出ることにしよう。

ヨーガを学んでいても、性格なのか、江戸っ子だからか、わたしちょっとせっかちなところがあります。
歩くのも速いらしく、いつも、一緒に歩き始めた仲間はいつの間にかはるか後方にいます。
それでよく怒られます。「人のこと考えなきゃだめだよ!」。
教室では言っているんですけどね。
「ヨーガは周りの人のことも考えなくてはいけません」。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-29 13:40 | Comments(0)

ハリオーム!

昨日の狛江の「トリャンバカン・ヨーガ・センター」で勉強会、『インドの叡智』第1部のクライマックスとも言うべき、ウパニシャッドについてでした。

ウパニシャッド文献の中には大切な教えがたくさん説かれていますが、昨日はその中でも特に重要な「ブラフマンとアートマン」について学びました。
ウパニシャッドには「ヨーガ」「プラーナ」「オーム」「輪廻」など、まだまだ大切な教えがたくさんあります。
次回は、これらについてウパニシャッドには何と書かれているかを学びたいと思います。
あれ? 今日のブログはまじめだな…。

さて、6月20日のキールタンに備えて、ハーモニュームでも練習しておこうと思います。
大勢の仲間や生徒たちが来てくれますので、目立っちゃおうと思って、ちょっと特訓です。
参加者も大勢ですが、キールタンを歌う人も大勢です。
わたし以外にも、リシケーシの川崎あき子さん、IYのC.Rさん、「トリャンバカン・ヨーガ・センター」のH.Tさん、今回のこの集いにとても協力してくれたN.Yさん。わたしと一緒に歌うM.Mさん。もしかしたら、Y.M先生も。
まあ、自分の中ではわたしが一番うまいと思っているのですが、それを言うと、生徒のM.Mさんに「ヨーガをしているのに謙虚さがまったくないですね」と叱られます。
成瀬のキールタン、口先だけなのかどうか確かめたい人はぜひ、6月20日の「キールタンの集い」にいらしてください!
でも、大勢の人の前で緊張して間違えてしまったらごめんなさい…。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-26 13:06 | Comments(3)

ハリオーム!

昨日、「友永ヨーガ学院・新宿御苑リトリート」のサット・サンガに行ってきました。
ここは友永乾史さんが主宰しているヨーガ・スタジオです。
窓から新宿御苑の緑が見える、とても良い環境にありました。あの雑踏とした新宿にあるとは思えません。

待ち合わせしていた「トリャンバカン・ヨーガ・センター」の早野智子さんが、遅れたわたしのことを地下鉄の新宿御苑駅で待っていてくれました。
駅からは1分くらいでしょうか、スタジオはビルの5階にありました。

会場では、久しぶりに友永淳子先生にお会いしました。数年ぶりでしょうか。
わたしの大好きな湯澤さんにもお会いできました。湯澤さんは、わたしがこっそりと「友永ヨーガの大番頭さん」と呼んでいる大ベテランです。
偶然にも、今インドから日本に来ているUTSのサンジーヴさんにも会いました。

今回のサット・サンガの目玉は、伊藤公朗さんのシタール演奏です。公朗さんとは数年前に、代々木のヨーガの先生、紙屋まさみさんを通してキールタンをご一緒したことがあったので、久しぶりの再会となりました。
シタールの音色は、あのインドの風や匂いを思い起こさせてくれました。

昨日は、いろいろな人と再会することができました。
やはり参加して良かったです。

6月20日(第三土)には、Y.L.S.のキールタンが狛江の「トリャンバカン・ヨーガ・センター」であります。
ぜひ、大勢の人に来ていただきたいと思います。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-24 11:43 | Comments(0)

ハリオーム!

21日・木曜日。吉祥寺教室。
ヨーガ・サンガティの教室は和室が多いのですが、ここは床張りになっています。
そのため、生徒たちには敷物を用意してもらっています。
敷物はヨーガ・マットの人もいますが、大半は一畳用の絨毯です。
吉祥寺駅の周辺にあるインテリア・ショップにいけば、2000円前後で売っています。
教室には物置があり預けて置くことができますので、毎回持ってくる必要はありません。
物置の中にはもう教室を辞めてしまった生徒の分も保管してありますが、体験入学者用に使わせてもらっています。
教室が終わった後、カレーを食べながらK君の相談に…。


先週から、吉祥寺教室が終わった後、東日本橋の「ロータス 8」に行かなくてはなりません。
昨日はYOGA塾の二回目の講義でした。
YOGA塾では、『ヨーガ・スートラ』入門と『バガヴアッド・ギーター』入門という二つの講義をします。
まだ両教典とも本文の講読には入っていません。
その準備編とでもいいましょうか。これら教典が成立するまでの歴史的背景の話です。しかも、わたしの話はよく脱線します。
あまり細かく話す内容を考えていっても、つい脱線してしまうので、講義の内容もおおまかな流れしか考えていません。
ですから、どのくらいの期間で終了するのですかと聞かれても、わたし自身わからないのです。申し訳ありません。

昨日は、ギーターは聖典であっても、カースト制度(インドではヴァルナ制度)を否定していないというところから、カースト制度やアウト・カーストについての話に進んでいってしまいました。
カースト制度やアウト・カーストについては、11日の狛江の「トリャンバカン・ヨーガ・センター」での『インドの叡智』勉強会で話をしたばかりなので、頭の中に残っていたのでしょう。

YOGA 塾、人数もそう多くはなく、皆さん気楽に質問をしてくれます。
これからも、脱線しながら、少しずつ進んでいきたいと思います。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-22 08:16 | Comments(0)

ハリオーム!

20日・水曜日。八雲教室。
クラスが始まるのは10時ですが、長い時間満員電車内で立っているのが嫌なので、7時前には家を出ます。
今では7時前でも外は明るくなりましたが、つい一か月前まではまだ外も薄暗い状態でした。
せっかく朝早く家を出たのに、今朝は目黒線の故障とかで都営三田線にも影響が出て何本か運休になり、朝から立ちっぱなしでした。そのうえ車内は蒸し暑い。ついていません。
でも、こういうときにこそマントラを唱えることにしています。
「オーム トリャンバカン ヤジャマヘー ~」

今日の八雲教室には、メールで連絡を受けていたMさんが体験入学してくださいました。ご主人もご一緒でした。あまり広くない部屋なので満員でしたが、それもまた楽しいものです。
Mさんご夫妻はお礼のメールをいただき、とても気持ちよくヨーガを体験して下さったとのことでした。

このブログで何度も書きましたが、八雲教室はとても良い雰囲気です。生徒の年齢もヨーガの経験もいろいろな人たちが集まっています。
歩いたり自転車で通えるくらい近くの人。遠くから通ってくださるK.TさんやI.Yさん。
いつもお世話をして下さっているK.Hさんには感謝です。事務的なことはK.Hさんにすっかり任せっきりになっています。


夜は代々木の「アンダー・ザ・ライト」のヨーガ・スタジオへ。
今日はここも大勢来て下さいました。三分の一はもうすでに顔見知りの生徒です。
毎回、男性が数名レッスンを受けてくださいますが、男性が多いというのもこのスタジオの特徴のような気がします。
このスタジオでレッスンを受け持つようになって一か月半が経ちましたが、ここの生徒たちは大変熱心で、よく質問を受けます。
わたしもヨーガを学び始めたころ、もっともっといろいろなことを知りたいという欲求がいつもありました。
ただ、そのころはまだインターネットで調べるということはできませんでしたので、数少ないヨーガの書物を通して、あるいは直接先生や先輩たちからお話をお聞きしました。
でも、そういう先生や先輩たちとの触れ合いがとても良かったように思います。
同じ内容でも、書物やパソコンを通して得たものと、直接先生から聞いたり教えていただいたりしたものと言うのは、どこか違うような気がします。

若い人たちには、遠慮なく質問をしてほしいと思います。
先人たちから学び、受け継いだことを若い人たちに伝えるというのは、長くヨーガを学ばせていただいている者の役目です。

昨夜は「アンダー・ザ・ライト」の生徒数人とレッスンが終わった後、軽い食事をしました。
一緒に食事をしたりお茶を飲んだりすることによって、レッスンだけでは分らない、みんなのヨーガに対する考えや想いを知ることができます。
今度はもっと大勢の人に声を掛けて「暑気払い」でもしたいと思います。
いえいえ、ビールが飲みたいからではありませんよ!
[PR]
by preman9798 | 2009-05-21 08:32 | Comments(0)

ハリオーム!

16日(土)はお休みでした。
休みの日は、主に資料づくりをします。
今月から毎週木曜日に「ロータス8」のYOGA 塾があるので、準備をしておかなくてはなりません。
月に二回の狛江「トリャンバカン・ヨーガ・センター」での『インドの叡智』の勉強会もあります。
まだ少し先の話ですが、6月20日は、インドはリシケーシから一時帰国されるK.Aさんをお迎えして「キールタンの集まり」もあります。とても楽しみです。
普段はお忙しい、ヨーガの先生方も参加して下さいます。
大勢の人が来て下さるのはK.Aさんの人徳なのでしょう。たいへん面倒見の良い人で、誰にでも親切に接してくれます。インドでお世話になった人たちはみんな彼女に会いたがります。
まだまだ今の日本のヨーガでは一般的でないキールタン。とても楽しいです。
わたしも少し練習しておかないと…。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-19 11:21 | Comments(0)

ハリオーム!

吉祥寺教室。なぜか、年配の方が多いクラスです。わたしより年上の方が6名いらっしゃいます。昔はどの教室に行っても一番若かったのに…。
その年配の方が多いクラスの中に20代のK君がいます。
K君は現在Y.L.S.のMLにて、「リシケーシ滞在記」を書いています。
また、本人に怒られてしまうかもしれないけれど、ほんとうにまじめな青年です。まるで、若いころのわたしを見ているようです…(本当です。事実です)。K君は、自分はまじめなんかじゃないと言ってはいますが…。
K君の「リシケーシ滞在記」、わたしが書いていたインド日記と比べると、内面的なことや心理描写が上手だとなかなか評判が良いようです。

さて、今日からこの吉祥寺教室の後、東日本橋の「ロータス8」に行くことになりました。「ロータス8」で新しく始まった「YOGA塾」の『ヨーガ・スートラ』と『バガヴァッド・ギーター』の入門編の講義のためです。

先日(4月29日)のワークショップは「体内ロハス」の座学スペースで行ないましたが、今回のこの講義はレストラン「ロハスキッチン」のほうで行ないます。
店内の黒板には「本日の有機野菜のランチ」がいくつか書かれていました。カウンターにはおいしそうな有機野菜が並んでいました。今度機会があったらわたしも食べてみようと思います。

講義、まだ今日は初日なので、両テキストとも本文には入らないでその準備としての説明を行ないました。
Y.L.S.にずっと参加して下さっているK.Mさんが『ヨーガ・スートラ』のほうに来て下さいました。
少人数と言うこともあり、皆さん気楽に質問をして下さいました。
今までまの経験だと、なかなかこういう場所で質問してくれることはないので、とても嬉しいことです。
皆さんが今後も続けて出席して下さるかどうかは、これからのわたしの講義次第です。ちょっとプレッシャーです。
まだまだ、講義も始まったばかり、どうぞ関心のある方はいらしてください。
『ヨーガ・スートラ』も『バガヴァッド・ギーター』も一時間ずつです。もちろん、どちらか一つの受講でも構いません。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-15 09:53 | Comments(0)

ハリオーム!

八雲教室。今日は以前この教室に通ってくれていたFさんが来てくれました。
仕事の都合がつくようになったので、時々クラスに伺いたいとのことでした。
八雲教室のある「八雲住区センター」は、老朽化が目立つ公民館が多い中、比較的新しくきれいな建物です。
部屋の畳も今年の初めに張り替えてくれたので、今でも新しい畳の匂いがしています。
そして、なによりもこの教室はベテランが多く、雰囲気がとてもヨーガ的だということです。
今は月に一回の勉強会も中断したままになっていますが、何カ月に一回はワークショップのような形で何か勉強をしたいと思っています。

夜は代々木の「アンダー・ザ・ライト ヨガスクール」へ。
代々木駅前という、とても便利な所にありますが、ときどき新宿駅のサザンテラス口から歩きます。
ずっと昔、新宿産経学園でクラスをしていたとき、高島屋ができて南口が変わったという話は聞いていましたが、長い間南口に来ることはありませんでした。
それが先日、「アンダー・ザ・ライト ヨガスクール」の帰りに何気なく歩いたら、大変な変わりようなので驚きました。
このスタジオもとても感じがよく、生徒さんも大変熱心な方が多く、毎回のように質問を受けます。
いつかここでキールタンができればと思っています。きっと盛り上がってくれるような気がします。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-14 08:56 | Comments(0)

ハリオーム!

毎月、第二・第四月曜日は狛江のヨーガ・スタジオ「トリャンバカン・ヨーガ・センター」で『インドの叡智』の勉強会があります。

19:30スタートですが、今日は(も)早めに行き、このセンターの主宰者早野智子さんとキールタンの練習をしました。
6月20日にインドの川崎あき子さんをお呼びし、ここ「トリャンバカン・ヨーガ・センター」で「キールタンの集まり」があるからです。
そのときに早野さんも歌うことになっており、そのための練習でした。
何事もとても熱心な先生ですので、6月20日までにはきっと上手に歌えるようになっているに違いありません。とても楽しみです。

さて、『インドの叡智』の勉強会。今日でまだ三回目ですが、皆さんとても熱心に学んでくださっています。
今日から、わたしの生徒のMさんとIさんが加わってくれました。
今日は、前回の復習に続き、ヴェーダの神々、ヴェーダの祭祀、ヴェーダ文献などを学びました。
ちょっと難しいというか、ややこしいところかも知れません。

そして、次回はウパニシャッドを学ぶ予定です。これは「第1部 古代インドとヨーガ」の中でも最も重要な個所です。
ウパニシャッドの中にはブラフマン、アートマン、ヨーガ、プラーナ、オームなど、ヨーガを学ぶ者にとって欠かせない大切な教えがたくさん説かれています。

『インドの叡智』の勉強会。途中からの参加でもまだまだ間に合います。
関心のある方は、ぜひいらしてください。
希望があれば、今まで学んだ個所の補習もします。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-12 13:49 | Comments(0)

ハリオーム!

毎月第二土曜日、月に一回のY.L.S. の集まりでした。
昨日まで天気が悪く寒かったのに、今日はとても気持ちのよい晴天でした。
はい。実はわたし「晴れ男」なのです。本当です。嘘ではありません。絶対に本当です!

Y.L.S.では昨年の『バガヴァッド・ギーター』に続き、今年から『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』を学んでいます。
この教典に興味のある方が多いのか、勉強に来て下さる方が増えてくれています。
Y.L.S.にはいろいろなヨーガの団体の方が参加して下さっています。
遠くは名古屋や静岡の三島、山梨県など地方から来て下さる方もいらっしゃいます。

今日は第1章16節から20節まで学びました。16節は[補節・ヤマ ニヤマ]です。『ヨーガ・スートラ』ではまず最初に学ぶべきものとしてヤマやニヤマが挙げられていますが、ハタ・ヨーガでは補節として紹介されているだけです。
実はここにハタ・ヨーガを学ぶ意味があるのです
そして、19節は<スヴァスティカ・アーサナ>。『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』に最初に登場するのが、このアーサナです。
続いて20節は<ゴームカ・アーサナ>。
次回からしばらく、教典に載っているアーサナを学んでいきます。


Y.L.S.の集まりは、「代々木八幡区民会館」の広い和室で行なっているのですが、公共の施設でこれほど広い和室はなかなかありません。
都内なのに、窓の外は代々木公園、反対側は神社ととても静かな環境です。
ただ、代々木八幡駅(地下鉄・代々木公園駅)の回りにあまり飲食店がないのが難点です。
毎回Y.L.S.が終わった後、懇親会をするのですが、寄るのはいつも決まったお店になってしまいます。
それとも、ただわたしたちがお店を知らないだけなのでしょうか?

これからもY.L.S.として、いろいろな活動をして行くつもりです。
今年はY.L.Sの.狛江校ができました。来月の20日は、そこで「キールタンの集まり」を催します。インドはヨーガの聖地リシケーシのスライドも観ていただく予定です。
どなたでも参加できますので、ぜひいらしてください。

また、狛江校では『インドの叡智』を学ぶ勉強会を、第二第四月曜日に開いています。まだ始まったばかりですので、今からでも決して遅くはありません。十分間に合います。関心のある方は、こちらもぜひいらしてください。
[PR]
by preman9798 | 2009-05-10 10:28 | Comments(0)