長年学んできたヨーガと大好きなインドの話です


by preman9798
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

川崎あき子先生のサット・サンガ

16日(土)と17日(日)と二日間の特別サット・サンガ。
リシケーシの川崎あき子先生による、プラーナーヤーマ。
このプラーナーヤーマはスヴァーミー・ヴィシュヴァルーパーナンダの直伝です。
16:00まで川崎先生のリードによるキールタン。
川崎先生はもともと音楽の先生ですし、
シヴァーナンダ・アーシュラムでキールタンはきちんと学ばれています。
インドに移られる前に川崎先生の荻窪のアパートに寄らせていただいたことがありますが、
そんなに広くない部屋なのにグランドピアノがあったと聞きました。
アパートの一室にグランドピアノ。
どうやって入れたのか? どうやって出したのか?
生活するスペースはあったのでしょうか?

16:00~18:00はプラーナーヤーマ。浄化法のカパーラバーティ、
バストリカー、ナーディーショーダナ、ブラーマリーなどを学びました。
川崎先生のおっとりとした謙虚な教え方、お人柄が出ています。

初めて体験するものもありましたが、とても参考になりました。
いつか機会を見て、自分のクラスでも行ないたいと思います。
プラーナーヤーマは大変重要ですが、レッスンなどでは
時間を取ってゆっくり行なうことは少ないようです。
しかし、教典を読んでもその重要性はたいへん大きいことが分かります。
特別サット・サンガということで、
そのためにだけ参加してくれた人や初めてお会いする方もいました。

18:00~20:30は『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』の第Ⅲ章。
ムドラー編のケーチャリー・ムドラー。
ムドラーも段々難しくなってきました。
ケーチャリー・ムドラーの次はヴァジローリー・ムドラーというたいへんタントラ的な技法です。

サット・サンカが終わった後は喜多見駅の近くのインド料理店で、
川崎あき子先生を囲んでの懇親会。
マキ・ユングハイム先生も参加。
わざわざ三島から来たTさんご夫妻も参加。
明日もあるので今夜はホテルに宿泊ということです。


17日(日)も喜多見でサット・サンガ・2。
今日も呼吸の勉強ですが、昨日のプラーナーヤーマとは異なり、
老人や身体の固い人や病み上がりの人のための呼吸です。
座布団を身体の下に入れて、さまざまな姿勢で腹式呼吸をします。
こんな呼吸法は初めてです。とても気持ちの良いものでした。
熱心な人が多く、質問もありました。

川崎先生は20日にインドに帰ります。
わたしたちと会うのは今日で最後になります。
今度お会いするのはインドか日本か?

川崎先生と別れた後、先日の祝賀会の清算やら反省会が。
喜多見駅の隣、成城学園駅の駅ビル内のお蕎麦屋さん。
とてもきれいなビル。う~ん、喜多見とは大分違うぞ。
先日の出版祝賀会は何から何までみんなスタッフにお任せでした。
おかげさまでとても素晴らしい会になりました。

ちょっと忙しい日が続きましたが、これで一段落です。
[PR]
by preman9798 | 2015-05-18 12:57 | Comments(0)